スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の糸は太めなのか?

2013年09月24日 21:50

買ったばかりのタティング洋書。

パターン図が色分けされていて、分かりやすい!

とりあえず栞を作る。

大きすぎて本からはみ出た。
201309240748.jpg
「Tatting with Visual Patterns」
Margaret Konior (著) より

実際より1模様減らして作った(左)のですが、
文庫本だと完全にはみ出るサイズとなりました。

そこで、大幅に減らして作り直し(右)。
これなら、丁度良いサイズ。

40番レース糸で、幅は45mm。
長さは、左が17cmくらい、右で10.5cmくらいです。

指定の糸だと3.5cm幅(と書いてたと思う)なので
予想外なビッグサイズとなりました。

そういえば、海外のフリーパターンとかを見ながら
しおりを作ると、
「図鑑に使うの?」
というような大きさに仕上がる事が多いのですが、
一般的な日本のレース糸は
海外のものと比べて太いのかも。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/962-e3d8838e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。