ウイルスに感染しない為に、まずやっておく事

2010年01月20日 08:49

ウイルスが好き放題に暴れまわっているようなので、
取り急ぎ注意喚起メールを貼っておきます。

以下、コピペ文章。


━【1】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「Gumblarウイルス」感染拡大に関する注意喚起のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


昨今「Adobe Reader」や「Flash Player」等のセキュリティ上の脆弱性を利用した
コンピュータ・ウィルスによる被害が国内で拡大しております。

・ウェブサイトを閲覧しただけで感染する恐れがある
・セキュリティソフトで検出できないケースも少なくない
・感染PCのFTPパスワードを盗み出し、ウィルスをWEBサイト上にアップロード、
 さらに感染を広める
・大企業のホームページでも感染が報告されている

といった報告が確認されており、危険性が非常に大きいウィルスと考えられます。


下記内容をご確認いただき、お客様ご利用のPCにて
ウイルス感染への予防を行っていただくようお願いいたします。


【主要ソフトウェアの更新手順】

「Adobe Reader」や「Flash Player」の旧バージョンをご利用の場合
セキュリティ上の脆弱性が残っており、ウィルスに感染する危険性が高くなり危険です。

以下、それぞれ参考サイトやソフトウェアの更新手順をご案内いたしますので
ご参照の上、ご利用ソフトウェアの最新版へのバージョンアップ、
ウィルス感染防止対策をお願いいたします。


■Adobe Reader
http://www.adobe.com/jp/products/reader/

より高い安全を確保するため、Adobe Readerにて
「Javascriptをオフにする」ことをお勧めいたします。
 (↑初期設定ではチェックが入っているので、チェックを外して登録する)

※ Adobe Readerの「編集」→「環境設定」より、「javascript」を
 ご選択いただき「Acrobat JavaScript」の設定をオフにしてください。

  加えて、「マルチメディアの信頼性」の「信頼済みの文書」および
 「その他の文書」の「マルチメディア操作を許可」からチェックを外す事も推奨します。
  (↑どちらも初期設定ではチェックが入っていました。それぞれ、チェックを外して、登録する)

また、最新更新アップデートを未適用の場合には
必ず適用を行っていただきますようお願いいたします。

◇最新更新アップデート確認・対応方法
1) Acrobat/Adobe Reader を起動します。
2) [ヘルプ] メニューから [アップデートの有無をチェック] を選択します。
3) 利用可能なアップデートが表示された場合には指示に従ってアップデートを行います。

※ 古いバージョン(6/7/8等)をご利用の場合
  バージョンアップも合わせて実施されることを強くお奨めいたします。
※ 2010/01/19現在最新バージョンは9.3です。


■Flash Player
http://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/

※ Flash Playerのバージョン確認は下記より行ってください。
  http://www.adobe.com/jp/support/flashplayer/ts/documents/tn_15507.htm


【オンライン・ウィルスチェック】

※web上でもウィルスチェックが可能なサービスがございます。
併せてご利用ください。

シマンテック セキュリティ・チェック
http://www.symantec.com/region/jp/securitycheck/

トレンドマイクロ オンラインスキャン
http://www.trendflexsecurity.jp/security_solutions/housecall_free_scan.php


【Gumblarに関する参考サイト】

エフセキュアブログ:間違いだらけのGumblar対策
http://blog.f-secure.jp/archives/50334036.html


【サーバーでの対応策について】

お客様のPC対策とともに、サーバーのご利用の際にも、
パスワードを定期的にご変更頂き、
不正ファイルアップロードの予防にご協力をお願いいたします。

※ FTPアカウントのパスワード変更はサーバー管理ツールより可能です。
  サーバー管理ツール内「FTPアカウント設定」よりパスワードをご変更ください。


万が一お客様のPCがウィルス感染の被害に遭い、お客様のサイトが改ざんされた場合
お客様のサイトにて下記のような症状が見られることがございます。

■改ざんの疑いがある現象(参考)
・htmlやphpファイルに見覚えの無いタグを埋め込まれた
・google等でお客様のサイトを検索した際、「危険なサイトです」と表示された
・お客様のサイトにアクセスした際にセキュリティソフトでウイルスが検出された


また上記改ざんの疑いがあるサイトへアクセスしてしまった場合、
お客様ご自身のPCにてウィルスチェックを行われますことをお勧めいたします。




このパソコン、シマンテックでチェックしてみました。
まず、「セキュリティスキャン」
 
安全 対ハッカー露出度チェック
安全 Windows 脆弱性チェック
安全 トロイの木馬チェック

おぉ、良かった~。パソコン君、頑張ってくれているようです。


次に、「ウイルス検出」

※Microsoft Internet Explorer 5.0 以上が必要です。

おぉう…エラーが出て、チェックできません…。
Internet Explorerは起動が遅いので使っていないのですが、
そうか、Firefoxでは、調べられないのか…。


トレンドマイクロの方は…。
今、このパソコンは、ここの会社のウイルスバスターを使っているからなぁ。
日々、勝手に検索してくれていて、状態は「良好」だから、大丈夫かな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/719-1287a7a6
    この記事へのトラックバック