明けてました

2010年01月04日 10:40

初夢で見ると縁起が良いといわれるもの。
『一富士、二鷹、三なすび』

今年の初夢は物語な悪夢。

でも、現実でナスを食べ、鷹と触れあえたので大満足♪




覚えている限り、初夢ってロクな夢を見た事がないなぁ…。


今年の初夢は、現実にはあり得ないような物語。

(初夢話、ここから)

いかにも悪者っぽい、イカツイ人がいたので、
家に逃げて隠れていたんだけれど、
お友達が来たので、お茶を入れる為に台所へ。

すると、窓から車が見えて、
「いかにも悪者」さんが後ろの座席で死んじゃってるのを発見。

全く影の薄かった、無害そうな印象の人が黒幕(?)だった事に気がついた。

でも、誰もその人を警戒していないし、もう警告している暇も無い。
しかも、その人は誰にも警戒されていなかったので、
ノーチェックで家に入って来た。

急いで裏口から、お友達を皆逃がす、という夢。

(初夢話 ここまで)

これはこれで物語っぽくて面白かったけれど、
初夢で見るのにはどうなんだろう…?
しかも、この後の展開が気になるなぁ。




さて。
初夢はあんまりパッとしなかったのですが、
現実では、楽しんでいました。

生まれて初めて、鷹を腕に乗せたんです♪
鷹
皮のグローブをしているので、実際に触れあえたわけでは無いんですが、
アレが無かったら、手が傷だらけになるでしょうしね~。

グローブは重かったのですが、鷹自体はあんまり重くなかったです。
まだ子供なのかなぁ?
大人しい子で、スーッと腕ごと顔に寄せても、じっとしていました。

凛々しいクチバシや、輝くお目目にうっとり。
あんよも黄色くて綺麗でした。

翌日、同じ位置にたまたまハトがしばらく止まっからこそ思ったけど、
鷹はどっしり落ち着いていたなぁ。
全くきょろきょろしなかったんだもん。

かつてムクが生きていた時は、
山で自由に遊ばせていたら、上空を鷹だか鷲だか隼だかが丸く飛び始めたので
思いっきり警戒対象の鳥さん達でしたが、
やっぱり近くで見ると、カッコイイわ~♪
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/711-b93e2243
    この記事へのトラックバック