新年の準備

2009年12月26日 09:40

クリスマスも過ぎ、いよいよ今年も終わろうとしています。
そろそろ、新年を迎える準備をしなくては。

まずは…。

年賀状から。




まだ、年賀状を書いていませんでした。

年賀はがきは、早期予約で買っていたというのに。



もはや、ゆっくり手書きなどしている暇はありません。
本を買いに行くにも、すでに売れ残りばかりだろうし。


ということで、困った時の、インターネット。


すると、良いところを発見♪

キャノンが、2010年用の年賀状を公開してくれていました。
ここ」がその専用ページです。

イラストや写真など、種類も豊富です。

背景だけとか、文字だけとかも用意されているので、
自分で自由に組み合わせられるし♪

なんて至れり尽くせりなんだぁ~。


パソコンに住所録を入れていないので
表書きだけは手書きでしなきゃ、ですけれど、
なんとか年内投函は出来そうです。


…1月1日に確実に届くようにするためには、
12月25日までに投函するようにと、郵便局が呼びかけていたっけ。


もはや、それも過ぎているので、1日には届かないかも。
というわけで、「元旦」の文字は削除しました。

別にいいの…そのスペースに、住所と名前を入れたから…。



そうそう、ついでですから、年賀状に関わる豆知識(?)を…。



年賀状に限らず、お手紙の表書きを書くときは、住所を省略しないで
最初から最後まできちんと書くことをお勧めします。


同じ市内にも、良く似た名前の町名がわりと有るもので、
それらの配達担当局が違っていたりするんです。


ホンの2~3文字、省略して書いたばっかりに、
違う局を彷徨い歩く事になってしまうものが、結構あるんですよね。
配達が1日以上は確実に遅れてしまいます。

郵便番号の書き間違いで、見当違いの地域に飛ばされてしまうと、
2~3日遅れる事が有ることもあります…。
(郵便番号が分からない時は、違う番号を書くよりも
 いっそ空欄にしておく方が、無難です。)


あと、年賀状は、必ずしも投函した市で区分しているとは限りません。

「市内」という表示で、郵便番号も記入せず(または間違えていたり)、
町名を省略していたりすると、それは後回しにされる可能性が高いです。


ですから、今の私みたいに、期限が切れて切羽詰まった場合とか、
確実に早く届いて欲しい郵便物は特に、
頭から最後まで 省略せずに住所を書くことをお勧めします。


…と書いたところで、

今頃、年賀状作りに取り掛かる人は 少数派だろうなぁ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/705-651a0398
    この記事へのトラックバック