ニューフェイス

2009年07月13日 12:10

今朝、植木鉢の脇でハチが死んでいました。

いつもの2~3センチの黒いハチ。
ハチはもういないのかな?

…今朝は黄色いハチが、向かってきました(涙)



サイズは同じくらいです。
このハチは黒いハチより攻撃的な感じがします。
だって、追っかけっこがしつこいんだもの。

だから、どんなハチがじっくり観察できません。
姿を見せたら、追ってくる追ってくる。

黒いハチは、植木鉢から1メートル程離れたら、
あとは私を無視してくれていました。
箒を持っていなければ、もっと近寄っても平気。
なのに、今度の黄色いコは…。
3メートル程、追っ払われてしまいました。

もしかしたら、蚊と対決する時の動きや音が
ハチの気に入らないのかも知れません。


掃き掃除が終わった後、
庭の隅っこにしゃがんで、小さくなっていました。

あのハチは、どこから来てどこへ行くのか?
…と、考えていたわけではありません。
ただ、ジョウロに水を溜めていただけ。
ハチがいても、いなくても、植木鉢に水はやらなきゃ。

すると、目の前の屋根に、黒い影。
ソレは、私の目の前に着地しました。
そのまま、歩いて私の前を横切り、
金魚の水を、のんびり飲んで、
ゆっくり飛び去って行きました。

それは、キジバト。

一応野生のハトなんだから、
もう少し人間を警戒しようよ。
ジョウロに水を入れるのに、相当大きな音を立てていたわけだし。

そんなハトのお陰か、何だか警戒心が抜け落ちて、
ハチなど全く気にせずに、植木鉢にジャバジャバ水やり出来ました。
ハチは葉っぱにまとわりついていたけど、もう、気にしな~い。
ていうか、ハチ、全く向かって来なかった…。
ひょっとして、ハチの闘争心を駆り立てているのは、箒?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/629-8be96065
    この記事へのトラックバック