ほどほどに

2009年05月08日 16:54

金魚の稚魚を5匹隔離しています。
病気だから…という訳ではなく、ただ、見たかったから。

稚魚ながら、性格はそれぞれ違います。

ひたすら、食っちゃ寝する個体発見。



やたらと臆病で、藻の中に隠れて微動だにしないタイプ。
逆立ちをしていて動かないので、死んでいるのかと心配したら、
ひたすら何かを黙々と食べているタイプ。
元気にビュンビュン泳ぎ回るタイプ。

こんなに小さいのに、それぞれ性格が違うのねぇ。

自然って、うまくできてるわー。


ところで、ガネーシャの教えの『腹八分』は、
ようやく感覚がほぼ身に付いた気がします。

今まで、どんな状態が腹八分なのかすら、よく分かっていませんでした。
人によって違うかもしれませんが、私にとっては
「まだまだ食べられるけど、まぁ満足」程度の感覚です。
以前なら「もう少し欲しいな」という状態でしょうか。

そこで気がついた事なんですが、
「もう少し」食べてしまうと、身体が重たくダルく感じちゃうんです。


動物のエネルギー消費のほとんどは、
食べ物を消化する事に使われているそうですね。
だから、あんまり沢山食べてしまうと、消化にかかりきりになってしまうので、
体にとっては好ましくないんだそうです。
それで、お昼にお腹いっぱい食べちゃうと、眠くなるのかなぁ。

まぁ、そんな理屈は置いておいて、
とりあえずお腹いっぱいになると苦しいので、
身体には良く無いんだろうなぁ、と単純に思います(笑)
ついでにお肉(牛と豚)を食べると下痢をする事が多いので、
私はお肉を消化しにくい体質なんだろうなぁ…。

それにね、やや空腹気味のほうが、感覚が冴えるんですよね。
匂いにも敏感になるし、音もよく聞こえる気がします。
身体も軽いし、心も爽やかなんですよね。

もっと進んで飢餓状態になったら、ギラギラしちゃうんでしょうけど(爆)

以前、2週間の食改善プログラムを実行していた時の事を思い出しました。
水以外は、決められたもの以外は口にしなかった、2週間。
有機無農薬の玄米や穀物や野菜や海藻や発酵食品のみの食事です。
量は、ビックリするくらい少なかったっけ。
うっかりすると1食で食べちゃう量が、一日分でしたもの。

アレッポッチの食べ物で、清々しく元気に活動できたのですから、
やっぱり現代は、食べ過ぎなのかもしれませんね。
(ポテチ中毒で3~4日目は相当苦しかったけど)

食べ過ぎは万病のもとって言いますが、
なるほど、そうだろうなぁと思います。
何事も、ほどほどが一番ですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/581-51bc900c
    この記事へのトラックバック