謎の白い塊

2009年03月04日 15:20

食器を洗っていたら、外にいた母が叫びました。
排水溝が詰まっていて、外で水が溢れていたようです。

そういえば雨でも無いのにガレージが濡れている事があったっけ。
…2週間程前から、たまに詰まっていたのでは…(爆)



この頃たまに、ふと外を見たら、ガレージに水のあとがあったんです。
雨が降っている訳じゃないのに、不思議だなぁと思っていました。

でも、毎日ではないので、謎でした。

まさか、排水溝が詰まって、水が溢れていたとは。
それより、外に排水溝がある事すら知らなかった衝撃の事実。
母も、台所の排水溝がどこにあるのか、ずっと分からなかったそうです。

この家は、どうやらちょっと特殊らしいんです。
色んな物が、本来あるべき場所に無いようなんです。

以前も、水道かガスが電気の業者さんが、
何かの確認にきたのですが、いくら探しても見つからず、
普通なら考えられない場所にあった、と言っていました。


そんなわけで、家を建てて以来、一度も掃除をしなかった排水溝。

…強烈です。

何とか蓋をこじあけると、タップタプに波打つ水。
…猛烈な臭い。
そして、謎の白い固形物。

これは一体何?
カルシウム?
コンクリート?
死んだ珊瑚?

とりあえず、浮いている白い物体を取り除いていきました。

ものすごい塊です。
袋いっぱいに溜まりました。
(これは、燃えるゴミに出していいそうです)

それにしても、白く濁った水が溢れていて、
排水溝がどういうつくりになっているのかすら分かりません。
下手につついて壊してもいけないし、
業者さんにお願いする事にしました。

業者さんを待つ間、軽くネットで調べてみました。
台所の排水溝の詰まる原因は、油脂が主な原因だそうです。

という事は、あの白い塊は、冷えて固まった脂ですね。
なるほど、それで、溢れる日と、そうでない日があったのか。
昨日の冷え込みで、一気に脂が固まっちゃったのね。

油脂汚れには、重曹や石けん(アルカリ)とお湯が有効なはず。
お湯を流してこれ以上溢れさせる訳にはいかないし、
石けんで泡まみれにすると、業者さんを困らせるだけかも。
そこで、とりあえず、
重曹をダバダバっとカップ2杯程放り込んで蓋をしておきました。


無事、業者さんが来てくれて、排水溝が本来あるべき姿になりました。
じつに、十数年ぶり!という事になるでしょう…。

あんな所にパイプがあったなんてー。
こっちの小さいパイプから、流れて来るのね~。
で、こっちから、あっちへ流れていくのね~。

2ヶ月に一度は、蓋を外して、外の排水溝を掃除するよう言われました。
毎日、重曹とお酢は使っているけれど、
それでは全然間に合わないんですねぇ。
あと、週に一度、排水溝に流す為の微生物を手に入れたいな~。
昔はEMを買っていたけれど、この頃見ないし。

ただ流すためだけの微生物を買うのも何だし、
納豆でも効果があるかどうか試してみようかしら。


あぁ…それにしても、いつまでも残るこの臭い。
酸化した油脂って、臭いのねー。

軽く吐き気と戦いつつ、よろよろしていましたが、
灯油を入れにいったら、あまり気にならなくなりました。
これぞまさに、毒をもって毒を制すっ!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/524-c8b79855
    この記事へのトラックバック