スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新☆食材

2009年01月08日 16:14

昨日、雑草(七草)粥もどきを食べたので、フと思いつきました。
他にも、身の回りに食べられるものが有るんじゃぁ、ないかと。

そして、見いだしたのは…この頃増えつつある、困ったチャンな黒い鳥。
未曾有の不景気ですし、発想の転換をして、ピンチをチャンスに!



今日はちょっとゲテものっぽいお話なので、
うっかりこの文章を見てしまった方は、
続きを読むのは、あまりお勧めできません。


一応、注意はしましたよ…?



ずーっと前から、都会を中心にカラスの被害が増えてきました。
ヒトが捨てたゴミが原因のようですけど、
通行人が襲われたり、結構物騒なようです。

私の住んでいる所は田舎ですけれど、
お墓のある山に、カラスが増えたのは実感しています。

そして。
今回、見つけたのは、カラスのレシピです。

肉食の生き物は臭いですけれど、
日本に多いカラスは
雑食(ハスブトガラス)か、草食(ハシボソガラス)なんだそうです。

かつて肉牛も共食いをしていた(牛骨粉を飼料に混ぜていた)事ですし、
雑食程度なら、問題なく食べられますとも。


カラスの調理法を紹介している素敵サイトはこちらです。

ハングリーハンター
ここでは、ハシブト、ハシボソ共に、シチューのレシピを公開しています。
ミートパイなんかもあって、なかなか美味しそう。


カラス御膳
これは…コース料理ですねぇ~。
カラステーキ(カラスの胸肉のステーキ)に
カラカラ(カラスの手羽の唐揚げ)、
カラスープ(カラスのガラスープ)、
モツの串焼き。
すごーい。こんなに作れるんですねぇ。
胸肉のステーキって美味しいんですって。


皮はゴムみたいで不味いので、皮だけは剥ぐ様にと…。
お肉はクセが無く、普通に美味しいそうです。
ハシブトガラスは、やや臭いが有りそうなんですけど、
牛乳で一晩つけ込んだ後、さらに、ハーブに漬けてみたり、
ハーブと一緒に調理してみたら、どうかなぁ、とか思ったり。


昔、韓国ではカラスはよく食べられていて、
そのため、今はほとんど見られない(食べ尽くした)という噂も有ります。


増え過ぎて困っているんなら、食べちゃえばイイじゃない♪
どうせ、ものすごい数を駆除しているんだし、
ただ殺して焼いて捨てるなんて、モッタイナイと思うな~。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。