柔軟な君

2008年10月03日 10:06

ピーマンを頂いたので、早速使わせて頂きました。

まず、種を取る為に、
ヘタの際をツメで切り込みを入れていって、
ヘタをつまんで引っ張り出します。
こうすると、ヘタと一緒に中の種もあらかた取れるから、簡単♪

そんなわけで、ポイポイ取っていっていたのですが、
ある時、ちょっと違和感が…。
中身が無くなった筈のピーマンに重量を感じるのです。

あれ?
途中でワタが切れちゃったのかな?

覗いてみて…うはっ!!!


中に、ヤツが!
長くてプックリとした、ヤツが!!


ピーマンとほぼ同じ長さに成長したイモムシ君が
中に潜んでおりました。

え?
そのピーマン?

勿体ないけど、そのままポイしちゃいました。
だって…ピーマンとほぼ同じ大きさですよ?
ヤツのまわりに、大して空間が残っていないんですよ??

どう包丁を入れても、ヤツにあたってしまう。
ピーマンのイモムシ詰め。
イモムシ切断。
想像しただけで、イヤーーーーーっ!!!



そういえば…。

私が小学生の頃。
母が誰からか、ロールキャベツを頂いてきました。
調理済み。
鍋で温めなおしたら、すぐに食べられます。

お皿にドンと載せられたロールキャベツ。
皆、美味しそう~ってワクワク顔。

でも、なんか、見た瞬間から気持ち悪くて、
どうしても食べる気がしなくって…。
皆が『いただきま~す』
て言っている横で、キャベツを開いてみたんです。

すると…。

!!!


そこには、丸々と太ったヤツが、デーンと寝そべっていたのです!
相当大きかったですよ?
加熱されて、プリっとして、ピンと伸びていて…。
一般的なロールキャベツの、あん。
あんが無くて、丸ごとヤツだったんですもの。
まぁ、挽肉だろうがイモムシだろうが、タンパク質には変わりないけど…。

うわー…今思い出してもゾッとする…。

はるか昔の事なのに、今でもあの光景が鮮明に浮かんできます(T.T)
金色のスープに浸された淡いグリーンのキャベツの中心に、
黒々と横たわるプリっとしたヤツの姿が。
あの並んだ小さい足ときたら!!!
ギャーーーーっ!!!


そのままパクって食べなくて良かったぁ。
他の家族は、もちろん私のお皿のヤツを見て、
食欲を無くしました。←当然だ

どうやら、イモムシ入りのロールキャベツは、
1個だけだったみたいなんだけど、
やっぱりさぁ、ダシが出てるでしょうしねぇ。


それ以来、ロールキャベツは苦手です。
もちろん、イモムシも。

こうやって、成長するにつれて、苦手な物が増えていくのね…。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/403-4dc5fee6
    この記事へのトラックバック