海を望む町

2008年09月30日 15:11

28日に、母方の祖父の四十九日があったので、
27日から母の里へ行って来ました。

15年くらい行っていなかったので、
無茶苦茶久しぶりです!


行く途中、オーシャンアローの展望席へ行った時、
車内放送がありました。

鉄道が切れている所が見つかった為、途中で電車が進めません。
途中から、他に用意した特別列車に乗り換えた後、
最後はバスでの移動になります。

…との内容でした。


うそーん。


たまたま、同じ展望席に居た人達が、大騒ぎしていました。
彼女らは、今回は年に何度もある社内旅行で来ていたそうです。
で、何故だか分かりませんが、
彼女らはしばしばトラブルに見舞われ、
どうも運に見放されているようなのです。
一度は、会社での何かの祈願の祈祷中、
その現場にダンプカーが突っ込んで来たとか…。

…呪われている!!
アナタ達、一体どんな仕事をしているの…!?


結局、何とか復旧が間に合い、
乗り換えた電車で、最後まで行く事が出来ました。
遅れた時間は30分くらい。

まぁ、多分バスに乗る事になったとしても、
のんびり楽しめただろうな~とは思います。
事無きを得たので、私としては、旅の良い思い出になるし、
お土産話のネタを貰えてラッキー♪
こんな事は滅多に出来る経験じゃぁ、ないし!

しかも、さらに幸運な事に、
特急料金の払い戻しまで頂けたのですっ!
楽しい経験が出来た上に、お金まで貰えるなんてっ。
な~んて、ラッキー♪♪


無事に到着して、母の実家へ到着しました。
イトコ達に会うのも、およそ15年ぶり。
顔も全く覚えていません。

私ってぇ、人見知りだしぃ、
ず~っと会っていないから、
『初めまして』と変わらないしぃ、
生まれて初めて会うチビッコもいるしぃ、
馴染めなかったら、どうしよう~~~。

…と、少々不安もあったのですが、
遺伝子って不思議ですね。
初めて会った、イトコのちびっ子達。
初めての筈なのに…全く初めてという気がしません。
露骨に避けられる事も無く、すんなり遊んでくれました。


久しぶりに会ったおばあちゃん。
見た目は、大分変わっていたのですが、
笑った表情は、昔のまんま!!
おばあちゃんのお肌が綺麗でビックリしました。
シミの無い白くてきめ細かい肌。
………私より、よほど綺麗です………。

「おばあちゃん、肌が綺麗ね~」って言ったら、
「温泉が良いんだ」って教えてくれました。

という訳で、おばちゃんの家に二泊したのですが、
二日とも温泉へ行って来ました。
私もお肌が少しは綺麗になったかな~?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/400-bc6b53a7
    この記事へのトラックバック