コーヒーの香り

2008年09月24日 14:56

数年前に気付いた、お風呂のタイルの黒ずみ。

去年の冬から、なんとか綺麗にしようと努力して来ました。


スポンジでこすってもダメ。
アクリルタワシでもダメ。
ブラシで磨いてもダメ。
お風呂用の洗剤を使ってもダメ。
重曹を使ってもダメ。
ビネガー水を重曹で、発泡させてもダメ。
超強力なハズの塩素系漂白剤で漂白しても、ダメ…。


なかなかとれなくて、半ば諦めていました。


そういえば、先週作った、手作り重曹クレンザー(の失敗作)、
そろそろ使い切ってしまわなくっちゃ。

という事で、ダメでもともと。
お風呂場のタイル一面に、
クレンザーの大半をすくっては投げ、すくっては投げ…。
積もるくらい撒いたので、水と混ざり合って、ペースト状になっています。

試しにアクリルタワシでゴシゴシしてみたら、
なんと、何をしても頑として取れなかった黒ずみが、
綺麗に取れているではありませんか。

あらまあ。

そうと分かれば、磨きますとも。
縦、横、斜め、逆斜め、最後は丸く、磨きますとも。


効果が無いと、疲れ果てる磨き掃除ですが、
綺麗になるのが分かったら、疲れを感じている暇がありません。
だって、楽しいんですもの~♪


クレンザー入れに、コーヒーの空き瓶を(洗わずに)使っていたので
重曹にコーヒーの香りが移って
(クレンザーがまだらコーヒー色になってたりして)
掃除しながら、良い香り~。


気がついたら、1時間。
ひたすら磨き続けたお風呂のタイルは、なんとか綺麗になっていました。
洗剤を使うと、どうしてもニオイやベタつきが気になるんですが、
重曹とビネガー水だと、洗い上がりも、サッパリとしていていい気持ちです。


長い期間、愛用していたピンク色のアクリルタワシ。
掃除が終わる頃には、ボロボロにちぎれてしまっていました。
始めの数ヶ月は食器洗いに、
その後お風呂場で毎日活躍してくれていた、アクリルタワシ。
最後の最後までお疲れ様。
綺麗にしてくれて、ありがとう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/398-d55e1c4a
    この記事へのトラックバック