メラ

2008年09月09日 15:57

昨日の晩ご飯。
メイン(と書くと大仰だなぁ)は、サンマの塩焼きでした。

お味噌汁は、お昼に作った残りで充分。
煮物を2品作り終わって、簡単な付け合わせも準備OK。

そこで、サンマをグリルに入れて、点火。
あとは、20分少々放っておけば焼き上がりです。

サンマが焼ける間、テレビでも見ようかなぁ~。
と、思いつつ、キッチンの床掃除をしていました。

フローリングなんですが、もう、ホント汚くて。
なんで、キッチンてこんなに汚れやすいんでしょうね~。
(そりゃ、使い方が荒いから…)

こびりついた汚れを雑巾でゴシゴシしていると、頭上から

パチパチパチ

拍手では、ありません。

その証拠に、

プスップスッ
パチパチパチ

ほら、他の音も混じっています。

そう。これは魚の焼ける音。

…にしても、いつもより早くないか?
10分は焼かないと、こんなに音はしない筈なのになぁ。
(下を向いて、掃除中)

そのうち、焦げ臭さに気付きました。

アレ?
火加減強過ぎたかなぁ。

ここで、はじめてグリルの中をのぞきました。

!!!

なんか、グリルの中がオレンジ!
しかも、オレンジ、動いてる!

あれは、炎!!!
サンマが燃えてる!!

慌てて、グリルのスイッチを切りました。

恐る恐るグリルの蓋を開けると、炎が吹き出して来ます。
急いで閉めますが、中でまだサンマが燃えています。
放っておいても消えそうにありません。

燃料(サンマの油)はタップリあるしなぁ…。
なんとか消さないとなぁ。
初期の頃ならマヨネーズも良いって聞きますが、
そんなんじゃ、間に合いそうにない感じ。

玄関まで消化器を取りに行こうかと迷ったのですが、
油って言っても、燃えているのは、サンマとその油。
揚げ油じゃあるまいし、水でOK!(…ホントか?)

そこで、水をかけて消火できたんですが…本当は危険だったのでしょうか。
とっさの時、どうしたら良いのか、分からないものですね。

いざという時の為に、消防訓練とか、行ってみたいなあ。


結局、サンマはつついてみたら、
真っ黒にすすけているのに、中は生焼き状態だったので、
勿体ないけど処分しました。
火事にならなくて、良かった!

で、もうちゃんとしたものを作っている時間もないので、
冷凍していたホタテを蒸し焼きにして晩ご飯にしました。
他にも3品+1汁あるから、
この際タンパク質でさえあれば、何でもいいのです。


火の用心 サカナ焼いても 家焼くな♪
…本当に、現実にならなくて良かったです…

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/389-f80249cc
    この記事へのトラックバック