なんてこった

2007年07月18日 16:55

もうムクはいないので、休みの時に外出してもOKです。
(今までもしてたけど)
でも、なーんか、外に出る気がしません。←引きこもり?
かつて、職場でピアスやマニキュアを
制限されている所に勤めた事があります。
その時は毎日欠かさずピアスをしていましたが、
特に何も制限の無い今の職場では、
ピアスをする事は月に3日あるか無いか。
ちょっと、それに似ているかも…?
禁止されると、したくなる…人の心って、不・思・議。

今日、父がムクの墓石(?)を作ってくれました。
ムクのお墓
ムクのお骨は仏壇の近くに置いてあります。
  さすがに仏壇には置いてはいけない気がして…^^;
お庭に埋めてあげたいな~って思っているんですが、今はとりあえず保留中。
もともと姉のムクなので、出来ればお盆に姉が帰って来るまで
そのままにしておきたいなぁ、と思っています。
とか何とか言って、この日曜にでも、私が仕事から帰って来たら
あっさり埋められてるかも知れませんが。

ところで、ムクの写真を探しているんですが、無いものですねぇ。
18年も一緒に生活していたのに、ここまで無いものなのか、と驚きです。
何度か引っ越しをしているので、その時に無くなっているのかも知れません。
(血統書も行方不明)
今日何とか見つけた数枚の写真は、どれも2000年に撮ったものでした。
まだ耳が垂れていた、幼いムクの写真、ついに一枚も出てきませんでした…。
でも、まぁ、2000年のが数枚でも出てきてくれて良かったです。
まだ健康だった時のムクの写真。ハツラツとしていて可愛い~。

晩年、ムクは手術も出来なくなって、
信じられないような苦痛に耐え続ける日々でした。
治る事のない腫瘍を抱えて、ひたすら静かに耐える毎日…。
夏が来る度、冬が来る度、この季節を乗り越えられるのか不安でした。
そんな状態で、何年もムクは本当によく頑張ったなぁと思います。
今は、その壮絶な痛みから開放されて、ほっとしています。
少なくとも、最期の瞬間は苦しまずに逝ってくれて、よかったです。
しばらくは、寂しいな~って思う事もあるでしょうが、
何しろ大往生ですからねぇ!
卒業にも似た、スッキリとした寂しさですね。

祖父が亡くなった後、しばらくは祖父の生活音が聞こえていました。
「あらー。おじいちゃん、帰って来てるー」って思ったものです。
ムクも帰ってきたりするんでしょうかね~。
時にはムクの元気な時の軽やかな足音が聞けたら嬉しいな~♪
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/325-41d6a101
    この記事へのトラックバック