シャトル修復

2016年08月15日 16:10

家用第2シャトルのヒビも深刻に。

おっかなびっくりで、タティングできず。

今度はレジンで修復を試みる。

押し花も閉じ込めてみた。

20160815a.jpg

第一シャトルをデコで修復して、約1年経った頃。
悪あがきのシャトルデコ:2015.3.5参照
第二シャトルも、春ごろにヒビが入っていました。

その頃、手まり作りに出会ったので、
しばらくタティングはお休みしていたけれど、
そろそろタティングしたくてウズウズするようになっていました。

そこで、今回はUVレジンを使ってシャトルを修復をしてみました。
押し花も入れてみたので、凹凸が出ない程度にレジンを被せています。
ホワイトラメを散らしてみたので、シャトルを動かす度に、柔らかくチラチラ光ります。

20160815b.jpg

さて、結い心地は…?

表面が滑らかなので、問題なく使えます。

第一シャトルはデコで補強したものの、
ヒビが広がっているようなので、使う度にヒヤヒヤしています。

第二シャトルの使い勝手が良かったら、
第一シャトルもレジンで補強する予定です。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/1203-e38aba11
    この記事へのトラックバック