小さい華麗4段目

2015年09月07日 22:17

今なら、細糸で華麗が結える!

カタン糸50番で、「華麗」スタート。

リングが小さいので、意外と気力が消耗する。

疲労感がタティングをはじめた頃みたいで、なんだか新鮮。
20150908.jpg
「タティングレース (NHKおしゃれ工房)」 聖光院 有彩 (著)より

8月は、レジンに入れる為に、カタン糸50番や60番を使っていたので、
その流れで、ドイリーに挑戦する事にしました。

「華麗」の小だと、初心者でも作れるので、これに挑戦。

今回は、カタン糸50番を使っています。
現在4段目で、直径8cmくらい。
シャトルは、大きさ比較の為に添えています。

結う事自体は、別にどうって事は無いのですが、
4段目の三つ葉の小さいリングを絞めるの、
つまみにくいので意外としんどいー。

タティングでこんなに作業が進まないのは、久しぶりです。
タティングを始めた頃って、リングを締める度にフウフウしていて、
すぐに疲れてしまっていたのですが、
なんだか、それを思い出しました。

小で終わらせる予定なので、あと1段です。
カタン糸30番で結った時は、12cmになったけれど、
カタン糸50番の今回は、どの位のサイズになるかなー。
この流れだと、10cmくらいかな?


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/1141-0d01fb55
    この記事へのトラックバック