黒の君

2015年06月26日 21:07

黒いハエトリグモが棲みついた。

益虫なので、放置する。

黒い姿は、一瞬ビビる。

見えたら冷や汗、見えなきゃ不安。


ハエトリグモは、嫌いではありません。
去年はホーリーバジルに棲みついた幼生が
秋までずっとホーリーバジルと一緒に共存していたし。
(毎朝水遣りの時に生存チェックしていた)

今までハエトリグモといえば、茶色かったので、
実は、黒い子ははじめて(?)です。
しかも、わりと成長しています。

調べてみると、茶色いハエトリグモはメスや子どもで、
黒いハエトリグモは、オスなのですね。

ところで、黒い姿って、目の端に映ると、脅威なのです。
古代の昆虫「G」か、それとも蚊か!?と、
一気に血が沸騰する感じ。

そんなわけで、黒いハエトリグモは、
見たら一瞬悲鳴を上げてしまうのです。

かといって、いるはずなのに姿が見えないと、
うっかり踏んだり潰したりしないか、それはそれで心配です。

そこで、あたりをくまなく探すのですが、
黒い姿を見つけた瞬間、やっぱりビクっと飛び上がってしまう。

そんなビビりな人間がビクっとすると同時に、
正面を向いて反応するハエトリ君も、
可愛いといえば、可愛い…
…んだけど、やっぱり黒い姿はちょっと怖い。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/1119-c0621758
    この記事へのトラックバック