ホーリーバジル、ついに発芽♪

2015年04月08日 21:47

1週間前、ラマトゥルシーの種を蒔いた。

毎日、水を絶やさないように気をつけながら、チェック。

この種は、ダメだったのか…。

そう思い始めた時、緑の双葉が姿を見せた。
20150408a.jpg

我が家で冬を越して、今花が咲いているのは、緑のホーリーバジルです。
今回、種を蒔いたのは、葉の裏が紫のホーリーバジルです。

緑のホーリーバジルは、とても甘い香りが特徴ですが、
香りが失われやすい為、お茶や料理には、実は不向きなようです。
個人的には、クセが弱まる分、かえって使いやすかったですが。
(あと、種を生でふやかして食べるのは、あと味が甘くて美味しい♪)

葉の裏が紫のホーリーバジルは、スパイシーさが強く、
加熱しても香りが残るので、お茶や料理やチンキにしても使いやすいのです。
特徴が違うので、今年はラマトゥルシーも育てたくなりました。

去年、福岡から、トゥルシーティーを取寄せたのですが、
その時に種も分けていただいていました。
もっとも、今回蒔いたのは、
トゥルシーティーの袋の底にこぼれ落ちた種です。

一度洗って水に漬け込まれてあるから、無理かな?
…と、心配していたのですが、無事に発芽してくれました。

ただ、トゥルシーは、苗状態まで育てるのが
とにかく大変、との噂です。
無事にすくすく育ちますように。


ホーリーバジルの発芽には、
水と光と温度(土の温度)の3つが全て必要だそうです。
これから初めて種を蒔く方は、土をあまり被せないで、
水を切らさぬよう気をつけつつ、
光が種に当たるようにしてあげてくださいね。

勝手に落ちた種は、全く気を付けなくても
不思議と勝手に育つんですけどねー。
まぁ、無数に落ちた中の、やっと育った一つなんでしょうけど。


<おまけ画像>
20150408midori.jpg
冬越しの緑のホーリーバジルの根元にこぼれた種が、
冬に発芽し、ゆっくりゆっくり成長中。
そろそろ、ポットに移してあげないと。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/1097-f8283505
    この記事へのトラックバック