【メモ】リカバリディスク作成

2014年02月10日 21:38

仕事で、ある用途でのみ使用しているパソコンがヤバい。

電源プラグが抜けたら、速攻シャットダウン。

仕事に悪影響なので、新しいパソコンを買った。

まず、リカバリディスクを作れとな?



電源から切り離されたパソコンは、
プツっと予告無く切れてしまいます。

電源プラグが馬鹿になっているのか、
パソコンを動かした拍子に抜ける事もしばしば。

お客様を目の前にして、
作業中にいきなり落ちられたら、困るんです。

そんな訳で、新パソコン購入を検討。
サイトを作るわけじゃなし、
色々ソフトを入れるわけじゃ無し、
安いので良いのです…。


この頃、店頭で売られているパソコンってば、
windows8だったり、64ビットだったり。

新しいのは素晴らしいんだけど、
それだと今までのソフトや周辺機器が使えない。
それじゃぁ、仕事で使えないジャン。

そこで、windows7で、32ビットで使える
東芝のパソコンを買いました。

もともとwindows8のパソコンなので、
付いているリカバリソフトもwindows8のみ。

windows7で使うのなら、万が一リカバリする時の為に、
まず、自分でリカバリディスクを作っておきましょう、
という事らしいです。

(ちなみに、私が今まで使い倒してきた歴代のパソコンも
 それぞれリカバリするハメになった過去があります)

ところが。
リカバリメディア作成については紙媒体の説明書は無く、
オンラインマニュアルを見よ、と。

そして、オンラインマニュアルに載っていた
「リカバリディスク作成ツール」なるものが、
パソコンを探し回っても、どこにも無いときたもんだ。

通常なら、
「スタート」→「すべてのプログラム」→「リカバリディスク作成ツール」
で簡単に作れるとのことなのですが、
そもそもそれが無いのですから、困ったもんだ。

困った時のネット検索。

どうやら、パソコンによっては、
自分でそれをインストールしないといけないらしい。
(だから、それについての説明書が入ってなかったのかも)


「リカバリディスクのインストールと作成の仕方」

「スタート」→「すべてのプログラム」
→「アプリケーションの再インストール」
→セットアップ画面へ→東芝ユーティリティーを選んで
→「TOSHIBA Recovery Media Crieter」を選んで
→「TOSHIBA Recovery Media Crieterのセットアップ」

セットアップが済んだら、再起動後だったと思うけど、
無事ディスクを作れるようになりました。

DVD-Rで4枚かかったわ。
意外とデータが多いのね。



ところで、この度ノートパソコン購入にあたり、
スマホがいかに高いかを思い知らされてしまいました。

私の今のスマホは、もうじき4年目突入の
今ではもはや骨董機種。
だいぶガタが気になっているのですが、
もう、スマホは買えないな…。

先日、ものすごい記事を見つけました。
国連が衝撃発表!国連「日本の最低賃金は先進国最低。生存基準を下回っている

そうだよねー。
ずっと、皆、どうやって生活しているんだろ?
って、密かに思っていたもんね。

正直なところ、スマホなんぞ、買い替えはもちろん、
使い続ける余裕すら、ホントに無いよ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yukimuku.blog71.fc2.com/tb.php/1003-757d9729
    この記事へのトラックバック