インコ:だいぶ元気に

2017年09月02日 22:36

病気でげっそり痩せたインコのチビ。

もりもり食べて、体重はほぼ戻る。

それでも、たまに落し物が水っぽい。

元気に見えても、病み上がり。

20170831a.jpg
チビ、9/2の体重は、44.0g
すでに、ズッシリ感があります。
(体重はもうこのへんで良いから、運動を…)

いつもの元気は戻っているので、放鳥すると
目が合うと、まっしぐらに飛んできます。

でも、休みの日に長時間 放鳥していたら、
落し物が水っぽい事がありますし、
どうやら、目が回っているような様子がみえたので、
まだまだ注意が必要です。

病院からは、50mLに1包入れるタイプの粉薬をいただいていましたが、
水入れを途中から小さい物に変更し、25mLに半包で使っていました。
そのため、まだ、お薬が残っているので、継続しています。

薬水も飲んではいるのですが、
このごろ青菜をかつてない程食べるので、
青菜から水分補給をしているのかもしれません。
もともと青菜大好きな子ですけど。
それとも、産直市で買ってきた青菜が飛び切り美味しいの?
確かに、スーパーのと違って驚くほど美味しいけど。



雛ちゃんは病気持ちの子が多いとの事で、
8月にお迎えしたソラも、病院で診てもらったら、
落し物から細菌が出たので、1週間の投薬治療をしました。

それも終わり、今は病院で勧められたネクトンSを入れているのですが、
水が黄色くなるので、口をつけませんでした。
喉がかわけば飲むだろうと様子をみていたのですが、
ソラってば、菜入れから葉っぱを落として
底に溜まった水を飲む方法を編み出していたのです。

水入れを、透明のタイプから青色の容器に変更する事で、
今は何とかネクトン水を飲むようになっています。

そんなソラの体重は、30.0g
はじめて測定した時から、+1gです。
20170831b.jpg

可愛い顔して、餌入れはひっくり返したし、
以前の小さい容器の時にネクトン水もひっくり返そうとしたし、
チビの傍に行きたくて仕方が無いので、
ケージを開けようとするし、全く油断ができません。
(チビの時は必要なかったロック、多量使用中)

ちいちゃいくせに、意外と知恵が回る、恐ろしい子。


<おまけ>
今回、ちょっと気になった、単位について調べてみました。
「純水が1気圧4℃の条件下では1ml=1cc=1g」

リットルの[l]が数字の[1]と間違えやすいそうで、
世界基準では、エルが今は小文字から大文字に変更になっており、
[L][mL]と書くんだそうです。

医療現場では薬品を測る時、[cc]が使われてたそうですが、
[cc]が[00]と誤認して間違いが多かった為、
今は、mLの使用が勧められているんだそうです。
スポンサーサイト

【インコ】ついに食事制限

2017年09月30日 21:44

元気に回復したセキセイインコのチビ。

小鳥病院で経過を診て頂く。

今度は肥満で、危険だと。

食事制限、開始です。



チビ、一時は50g超だったのです…。
全然チビじゃない…気付いてたけど。

これではヤバイと、餌からカナリーシードを抜いていたのですが、
それでも、朝一番の測定で、47g。
その後、もりもり朝食を食べて、病院での測定では、48gありました。

とりあえずの目標は、40g。
3日で1gの減量を目指す方針です。
(これ以上のスピードの減量は駄目)

と言っても、今は毎日の食事量を測定する段階。
実際の制限は、1週間後からスタートです。

ですが、日々の食事量を知る為に、
オヤツ(粟)はすでに制限して、
今までの半分以下になっているので、本人は不満かも?

野菜類は測定外なので、口寂しい時は、
葉っぱを食べてもらう事にします。



さて、8月にお迎えしたソラちゃんですが、
PBFDの検査の結果は陰性で一安心。

ただ、糞の検査で、でんぷんを消化できていないみたいです。
ていうか、お迎え当時からずっと、その状態ですので、
食べ物をシードからペレットに変えてみた方がいいかも?

という事で、病院で、ペレットのサンプルをいくつか分けて頂きました。
食べられるのが見つかると良いなぁ。

20170930.jpg
下で落着いているチビと、
上によじ登っているソラ。