手まり:さくら

2017年03月09日 11:13

今の時期、作りたくなるのは、さくら。

去年までなら、間違いなくタティングだけど。

今年は手まりで作ってみた。

本で見つけてひと目惚れした、この桜。

さくら正面
「讃岐かがり手まり」 荒木 永子 (監修) より

10等分
大:円周 約20cm(直径なら、約6.3cm)
小:円周 約8cm(直径だと、約2.5cm)

見本では、刺繍糸でふっくらとかがっているので、
もっとボリュームがありましたが、
何しろ私はリリヤン使い。
しかもミニ手まり用に細く解いているのを1本取で使う為、
細くて寂しい感じです。

ところで、この桜、裏の顔があるのです。
裏面はこちら。
さくら裏
じつは、裏から見たほうが華やか。
置いて飾る場合、桜の季節が終わったら、
裏を表に向けて飾れば長く楽しめそう。

ちなみに横から見ると。
さくら横
コロンと丸い蕾のようで、すごく可愛いのです。

さくら
昨日辺りから、急に寒くなりました。
春が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

手まり:ふんわり桜

2017年03月13日 21:43

刺繍糸を見つけた。

いろんな色があって、うずうずしてきた。

ミニ手まりの桜をかがってみる。

このふんわり感にときめいた。
20170313.jpg

10等分
白地:円周 約9cm
黒地:円周 約8cm

この桜のデザインは、お気に入り。
何個も作ってみたけれど、
この刺繍糸の柔らかい感じに、うっとりしました。

以前、刺繍糸を使った時は、100均のもので、
色も艶も無く、恐ろしく毛羽立ったので、
もう二度と刺繍糸は使えないと思ったのですが、
ちゃんとした刺繍糸だと綺麗でした。

リリヤンだと、強い照りがある為、
ややメタリックな印象になる気がします。
もちろん、それも華やかで好きですが。

刺繍糸だと、「柔らかい」ふんわりしたイメージで、
この小さい桜には、こちらの方が合うように感じました。
何より、色の種類が豊富なので、
かがるのが楽しいです。

いよいよ、桜が咲き始めました。
なんだか、わくわくしてきます。

ミニ手まり:タッセル付き桜

2017年03月27日 23:16

今回は、タッセル作りに挑戦。

細めの糸は、やっぱりレース糸40番。

下手なりに形になって、手まりに付ける。

房がゆらゆらして、なかなか可愛い。
20170327.jpg

ミニてまり
 10等分
 円周:約8cm
 かがり糸:刺繍糸

タッセル
 細糸:ピエロ レース糸 40番
 太糸:ダイソー レース糸 20番

家にあった刺繍糸のピンク系が、ほぼ無くなったので、
刺繍糸の桜もしばらく作れないかも。
柔らかい風合いが桜とぴったりで好きだったけど。

レース糸に触ったので、タティングをしたくなってきました。
何やら、タティング関連商品が続々発売されているようだし。
特にクロバーのボビンタイプのシャトルは
気になって気になって気になって気になって仕方ないけど、
買えるのは、いつの日か…。

桜をイメージしたはずだったモチーフ繋ぎ

2017年03月31日 21:03

あちこちで桜が咲き始めたらしい。

桜っぽいものを作りたくなった。

満開の桜をイメージしたモチーフ繋ぎ。

花びら4枚だから、紫陽花っぽくない?
20170330a.jpg

オリムパス レース糸 金票 40番
17cm×14.5cm

デザインは、フリーパターンで公開されていた栞(※)の、
ほんの少し目数調整した応用パターンで、
7角形を6角形に変更して、繋ぎやすくしたものです。

(※:「Forget-me-not Bookmark」)

さくら、さくら♪と作っていたのですが、
桜というより紫陽花っぽかったという、
ちょっと、違ったかな?という仕上がりでした。

そういえば、以前、紫陽花をイメージして
水色系で作っていた画像が出てきました。
201507052.jpg
すっかり忘れていました。
紫陽花っぽいわけですね。