スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一次種取ラッシュ?

2015年08月11日 21:32

今年、種から育てたラマトゥルシー。

成長に収穫が追いつかず、花穂が枯れる。

とりあえず枯れた花穂を摘んできて。

8月にまさかの種とりワーク。
20150811a.jpg

気が付いたら、これだけ
今年のホーリーバジルの種の実った
枯れた花穂ができていました。

今年は、葉の裏が紫のラマトゥルシーなので、
種は、やや大きめです。
(といっても、ほぼゴマサイズ)

というわけで、8月なのに、
夜な夜な種取ワークが始まりました。

去年の緑のホーリーバジルの花穂も残っているけど、
穂のままの方が、香りが長持ちするし、
もう、そのままでいいんだモン。←種をとる気、もはや無し

でもでも、花穂を少しカットして、ミニ袋に入れて、
カバンに入れておくと、カバンを開けたときに、
ほんわり良い香りがするから、そのままでも使えて良いし。


今年、東に植えたホーリーバジルは、
なぜか悉く成長が悪いのですが、
南に植えたホーリーバジル、絶好調です。

(西は、ベランダで緑のホーリーバジルを隔離して育てていますが、とても元気)

20150811b.jpg
 ↑
本当は、この状態で収穫しちゃうのがベスト。

生で摘みたてを食べてもいいし、
干して細かく砕いておけば、長く使えるので便利です。

インコにも毎朝1枚だけ、摘みたて葉っぱをあげるのですが、
けっこう好きみたいで、この頃は豆苗より食いつきは良いです。
後半は食い散らかしてるように見えるから、1枚しかあげないけど。



スポンサーサイト

押し花+UVレジン+タティング

2015年08月16日 20:45

UVレジンのライトを貸してもらった。

押し花も、好きなの使って良いと渡してくれた。

タティングも一緒に閉じ込めてみる。

UVレジンに、初挑戦。
ハート

型がとにかく小さいので、糸も細くないと全く無理。
という事で、カタン糸60番を使いました。
それでも、モチーフ全体は入りきらない、このサイズ。

こっちは、モチーフ全体が入ったけど、
押し花が透けちゃった。
2015_0815_141722_112.jpg
レジンに閉じ込めたのは、カタン糸60番のモチーフ。
上の蝶は、オリムパスレース糸 金票40番です。

花の裏にアクリル絵の具の白を塗れば良いそうだけど、
アクリル絵の具、持ってないし。

気泡が入ったり、いびつになったり、
糸の色がダークになったり、
押し花が透けたり、なかなか難しいのぅ。


UVレジン2

2015年08月17日 21:36

前回の作成を踏まえて、UVレジンに再挑戦。

なるべく透けなさそうな押し花を選ぶ。

今度はどうだ?

…やはり気泡が入る…。
201508170726.jpg

今回は、この3種類を作成しました。
全てに、タティングモチーフと、押し花と、
メタルパーツを入れています。

シリコン型で固めた、小さなハート。
201508170728.jpg
タティングモチーフは、カタン糸60番で作った、扇型です。

黄色の花びらが、何となくハートに見える(と、いいな)。
メタルパーツも、ハートにしました。
金色のラメも入れてみました。


201508170734.jpg
タティングモチーフは、絹のミシン糸 50番で作った物です。

お花の蕾の押し花2個と、リボンのメタルパーツを使って、
花束のイメージ。←束…?
オーロララメを背面に散らしています。


最後は、空わく。
201508170738.jpg
タティングモチーフは、カタン糸の60番です。

葉っぱと蕾に、メタルの蝶を飛ばしてみました。
背面にブルーラメをかけました。


2回作ってみての感想だから、
また変わるかもしれないけれど、
空枠より、シリコン型で作ったほうが、好きだな。

光を取り込んで明るい仕上がりになるし、
レンズ効果で中身が大きく見えるし。

とりあえず、気泡が入るのを何とかしたいです。
穴を開けて、レジン液を注入できたらなぁ。



タティング&UVレジン3

2015年08月19日 21:07

友人と久しぶりに会う。

レジンで作った小物をプレゼントしたい。

という事で、3度目の正直的UVレジン挑戦。

時間が無いので、これを贈る(しかない)。
201508190605.jpg

右側の、イニシャル入りの方が、プレゼント用です。
このあと、ブローチピンに付けたら、完成。

左側は、ついでに作ったミニハートです。
201508190608.jpg
メタルパーツの蝶とリボンを入れています。
花びらが欠けていたので、リボンのパーツで目隠し。

タティングモチーフは、どちらも、
カタン糸60番で作った物を入れています。

あんなに気をつけて作ったのに、気泡が…!!

気になる点がいろいろあるけれど、
もう、新たに作っている時間が無いので、
これを贈るしかないのだ。


レジンとタティングと押し花で箸置き

2015年08月28日 21:52

レジンは箸置きに出来るらしい。

そうと分かったら、今の内に作るべし。

型に盛らなきゃ、反ってくる。

角を落として、これで使える?
2015_0828_061633_774.jpg

シリコン型のスクエアとオーバルです。
タティングは、今回は確かカタン糸の50番です。

スクエアの方は、上に蕾を載せました。
オーバルの方は、下にバラの花びらを敷いて、
上にモチーフを乗せました。

箸置きなので、箸を乗せやすいように、
凸面より、凹面がいいな、と思っていました。

型にモリモリに盛るんじゃなくて、
8部くらいで止めておくと、勝手にそうなるので、楽勝。
あとは、バリを落として、軽く面取りしてみました。

高さが無くて、かなり低い箸置きだけど、使い勝手はどうかな。

レジンのライトをお借りできる約束は、8月いっぱいなので、
今はほとんどの時間をレジンに注ぎ込んでいます。
とりあえず、箸置きだから、人数分は作らないと。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。