スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋

2015年06月03日 21:12

今朝、インコのミルキが旅立ちました。

アルビノの男の子で、身体は弱い子でした。

お迎え時「手乗りにはならない」と言われたインコでしたが。

私の手の中で、息を引き取りました。


2015_0601_190549_068.jpg
(目をしんどそうに開けています)

2015_0603_075738_615.jpg
(注:この時は生きています)

あとでお迎えしたチビのおかげで、人にも馴れ、
手を異様に怖がるので、つかませてはくれませんでしたが、
それ以外は、ちょっと臆病だけど、普通の手乗りと変わりませんでした。
2013_0711_082046_835.jpg
(チビのおかげで、人にも馴れました)

2013_0728_200433_219.jpg
(カゴに帰りたくなくて、ダダをこねたことも)

2015_0306_081911_705.jpg
(粟の穂が大好物)

真っ白で、くちばしがオレンジで、とても綺麗な姿の上、
上品でおとなしく、姪っ子たちにも人気でした。
2015_0226_091420_962.jpg
(ご機嫌に鳴いています)

2014_0320_151609_522.jpg
(名前を呼んだら見つめてきます)


暑くなったのに、寒そうにしているな、とは思っていたのです。

2~3日前から、飛び方がおかしくなりました。
浮力が足りないというか、目的地にたどり着けずに落ちてしまう。
しんどそうでした。

昨日の夜も、手のひらからいつもどおり餌を食べていたのに。
ただ、珍しく私の首の後ろの髪の内側に陣取ったミルキは、
なかなかカゴに帰りたがりませんでした。

今朝、カゴのカバーを取ると、止まり木にぺったりとしていました。
水をかえて、葉っぱを入れると、いつもは来るのですが、
体の向きを変えようとして、諦めていました。
目に力が無く、後ろに引っ張られるような、何かおかしい感じでした。

見守っていると、頭から、ずるーっと落ちていきそうになりました。

慌ててかごに手を入れて身体を支えたのですが、
そのまま、自力で動きません。

3時間後に息を引き取りました。

一人で逝っちゃダメだよ(チビはいるけど)とは冗談っぽく言っていましたが、
ミルキも、私の最後の願いを聞き入れてくれました。
犬も鳥も、できるだけ、人に応えようとしてくれるのだと思います。

朝一番のチェックをするあのタイミングでなければ、
気付かずに仕事に行っていたでしょうから。
あのタイミングより早くても遅くても、ミルキにとってもチビにとっても
私にとっても、大惨事になったでしょう。

ミルキは、ムクの隣に埋葬しました。


チビとミルキは、そんなにべったりな関係ではなかったのですが、
ひとりになったチビは、やはり寂しいのか、
くっつき虫になって付いて周り、カゴに戻らず、
肩にとまったまま、しばらく寝ていました。

寂しくなったね。

2014_0227_153548_900.jpg

スポンサーサイト

香りの働き

2015年06月05日 21:31

ミルキが亡くなった日。

肩にチビを乗せながら、ぼーっとしていた。

ふと思い立って、緑のトゥルシーの種をとる。

甘く引き立てる香りに救われた。



緑のホーリーバジル、枯れた花穂が大量に控えています。
種をとってもとっても、それでも、まだまだあります。

ミルキを埋葬した後、
何をする気にもなれなかったのですが、
とりあえず、種をとっておこうと、作業を始めました。

花穂を開く時、ホーリーバジルの香りがとても強く香ります。
そして、今回、緑のホーリーバジルが、本当に良かったんです。

甘いけれど、それだけではない緑のカプールトゥルシー。
ショック状態の時、優しく包み込んで、押し上げてくれるような、不思議な香りです。
いつまでも悲しみに浸っていてはいけないと、前向きになれる香りです。

緑のホーリーバジルは、
甘い香りのはずが、生葉は食べると鋭く、加熱で全てがすぐに消えてしまう、
ちょっと使いにくいホーリーバジルかもしれません。
(その鋭さも、じつは結構好き。抜けた感じも料理の邪魔をしなくて、また良し)
加熱をしないチンキでも、この極上の香りを留める事が出来ませんでした。

何かと使い勝手のいいのはラマトゥルシーだけど、
ラマトゥルシーの香りだと、こうはいかないのよね。
立ち直った後なら、やっぱりラマトゥルシーの方が
食べるにも飲むにも使いやすいけれど。

今年は、場所を変えて、2種類のトゥルシーを育てています。
緑のホーリーバジルも育てていて、本当に良かった!
冬越しの苗が、今思いっきり葉を広げて、花が咲き誇って良い香りだし。

トゥルシー成長中

2015年06月19日 21:10

今年メインで育てているのは、ラマ トゥルシー。

庭とベランダで育成中。

庭のトゥルシーは試練がいっぱい。

結局ベランダが安全地帯。



ちょっと、ブログを更新する気になれませんでした。
でも、最後の記事がミルキの死に関する話題じゃ…、
と思いましたので、今回はホーリーバジルの成長記録でも。

今のところ、ラマ・トゥルシーを育てているのは、
ベランダと庭、家の周りです。

庭は、日当たりはいいですが、試練が多いです。
まず、自由猫(ノラネコ)におしっこをかけられていたプランターは、
枯れないものの、成長が停止しています。

(ある程度成長すると、猫が好きな植物らしく、
 その付近のトイレ被害は無くなりました)

土を入替えたプランターは成長を始めました。
土をまた買ってこなくては、もうひとつのプランターが残念な状態です。

また、1階は虫食いがとにかく多いです。
そして、今年は、ポキっと茎や葉が折られる事がよくあります。
犯人はまだ見つけられないのですが、
そんなに被害は多くないので、
摘心の手間を省いてくれた程度で済んでいるので、ラッキー。

201506190651.jpg
画像は、ベランダのラマ・トゥルシーです。
午前中だけ日光が当たり、風が常に吹いている環境です。

ベランダのトゥルシーは葉の裏の紫の模様が
薄くなりつつあるのが心配ですが、すくすく成長しています。

花芽も出来ているのですが、今は緑のトゥルシーが
花をつけているので、交配を避ける為、
ラマ・トゥルシーはどんどん花芽を摘んでいます。
摘心ついでに食べたりしています。

摘心した芽も先っぽは水につけているので、
苗もどんどん増加中。
201506190652.jpg


これは、キッチン前で育てている緑のトゥルシー。
雨降りなので、暗くて見えにくくてごめんなさい。
201506190656.jpg
じつはこの緑のホーリーバジルは、
秋にポットで苗にしたところで冬が来て、
そのままポットのまま冬を越したものです。
プランターに移した途端、
待ってましたとばかりに元気に成長しています。

小さい植木鉢に植え替えていたものは、
暖かくなってプランターに植え替えても、
残念ながら、あまり成長しませんでした。

今年、苗を越冬させる時は、
ポットのままで冬を過ごさせるようにした方が良さそうです。

結ってます

2015年06月24日 21:04

この頃、海外からのアクセスが増えた。

こんなブログに何事か!?

リンク元をチェックする。

画像がピンタレストにpinされてたみたい。



タティング画像がいくつかpinされているようです。
それで、色んな国の方が見に来てくれていたようです。

筋金入りの日本語ブログですが、
音楽や芸術と同じく、タティングも国籍関係ないですものね。

ところで。
この頃、タティング関連の記事を書いていないのに、気が付きました。

のんびり、ゆっくり結ってはいるんです。
例えば、これとか。
201506240807.jpg
安定した四角が好ましく、何度も作っている、このデザイン。
なぜか途中で糸が無くなったり、その糸が手に入らなくなったりして、
16枚繋ぎまでに達しないのが、ほとんどです…。

でも、突然、作りたくなるので、また、今年中に何度か作るかも。


他には、こんなのも。
201506240811.jpg
Aeroシャトルでも、2段目が糸継ぎ無しで作れるデザインなので、
気が向いたら気軽に作れるのが嬉しいところ。
この夏は、これにハマりこんでしまいそう。

小さなモチーフは、サクっと作れるし、
プレゼントしても喜んでもらえるので、好きです。


黒の君

2015年06月26日 21:07

黒いハエトリグモが棲みついた。

益虫なので、放置する。

黒い姿は、一瞬ビビる。

見えたら冷や汗、見えなきゃ不安。


ハエトリグモは、嫌いではありません。
去年はホーリーバジルに棲みついた幼生が
秋までずっとホーリーバジルと一緒に共存していたし。
(毎朝水遣りの時に生存チェックしていた)

今までハエトリグモといえば、茶色かったので、
実は、黒い子ははじめて(?)です。
しかも、わりと成長しています。

調べてみると、茶色いハエトリグモはメスや子どもで、
黒いハエトリグモは、オスなのですね。

ところで、黒い姿って、目の端に映ると、脅威なのです。
古代の昆虫「G」か、それとも蚊か!?と、
一気に血が沸騰する感じ。

そんなわけで、黒いハエトリグモは、
見たら一瞬悲鳴を上げてしまうのです。

かといって、いるはずなのに姿が見えないと、
うっかり踏んだり潰したりしないか、それはそれで心配です。

そこで、あたりをくまなく探すのですが、
黒い姿を見つけた瞬間、やっぱりビクっと飛び上がってしまう。

そんなビビりな人間がビクっとすると同時に、
正面を向いて反応するハエトリ君も、
可愛いといえば、可愛い…
…んだけど、やっぱり黒い姿はちょっと怖い。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。