スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃってディフューザーその後

2015年05月03日 17:37

先日作ったタティングフラワーのディフューザーもどき。

中の液は、スプレー用の残りでいいんじゃない?

糸2本にして実際に試してみたら。

香り方も良い感じ。


前回作った時、エタノールが濃すぎたのか、
のどが乾いて目が痛くなってきました。

そこで、気に入って使っていたアロマスプレーが
作ってから1週間経って、中途半端に残っていたので、
新しく作り直す為に、中身の消費の為に使ってみると、
のども特に乾くことなく、目も痛くならず、やんわりと香ってきたので、
これで良いや、という事になりました。

アロマスプレーは、目的によってエタノール濃度が違いますが、
どれも、問題なく使えました。
季節や湿度によっては、また違うのかもしれません。
水が多いので、梅雨の時はあまり蒸発しないかも。

どちらにしろ、わざわざ液を作るのではなく、
残りもの消費でも、私なら十分という事がわかって、
ラッキー。

※ただし、私の好みの香り方は、かなり薄いです。
 部屋に入った瞬間、「なんか良い香りがした」という程度で、
 1分後には、全く気にならなくなる程の香りが理想です。

…という事で、(こんなんで良ければ)簡単に作り方でもご紹介します。

<材料>
小瓶
つまようじ
20番レース糸を巻いたシャトル(ややオーバー気味に巻いておく)
作っておいたアロマスプレーの残り
 (だいたいエタノール濃度は10~30%位、精油は1~2%くらいが多い)
2015_0503_102036_398.jpg

<作り方>
1.タティングレースで4段の花を一気に作る。
  参考:「はじめてのタティングレース 」sumie (著)の4段の花。
  3段目の5-10-5のリングも花びら4枚で閉じると、糸継ぎ無しで足りる。

2015_0503_103945_885.jpg
  はじめにオーバー気味に巻いて、
  1段ごとに切らずに一気に作って、糸の残りはこのくらい。

2.糸を切って、花の中心に爪楊枝をさし、糸を適当にぐるぐる巻く。
  糸はつまようじより、長めに残しておく。
 2015_0503_104034_864.jpg
  瓶が大きければ、竹串で。

3.アロマスプレーの残り液を入れて、先ほど作った花を入れる。
  最後まで液を吸うように、糸が底に付くようにする。


作成時間25分程度
(うち、タティングのお花作り20分ほど)

使用するレース糸は、濃い目の色がお勧めです。
薄い色だと、液を吸って茶色く変色して、花が枯れたみたいで
見苦しかったので。

2015_0503_104202_071.jpg

完成♪
スポンサーサイト

久々コースター

2015年05月08日 21:24

久しぶりに、咲きおりに経糸をかけた。

とりあえず、ささっとコースターを作ろう。

どうせなら、ワンポイントで織り方を変えよう。

コインレースのはずが、良く分からない結果に。
20150508.jpg

ソウコウ:50羽
綿糸

コースター5枚分の計算で経糸を張ったはずが、
無駄が多すぎて、4枚で足りなくなりました。
ま、コースターの時はいつもの事ですが。

はじめの1枚は、ひたすら平織りで終わりました。
シャトルに巻いていある糸を消費するのが目的なので、
途中で色を変えるつもりもなく、
織りあがった物を見てもときめかず、1枚で飽きました。
色も可愛くないし、ただの平織り、つまんなーい。

これではいけない、という事で、
両端にコインレースを挟む事にしました。

経糸をもじったり、鈎針を使って小細工したり。

織っている時は、凄く楽しかったんです。
実物も、それなりに面白い感じ。
でも、写真に撮ってみるとガッカリ。

この、訳の分からない画像は一体…。
これは、色のチョイスがまずかったかな。
せめて経糸をカラシ色じゃなくて水色にしていれば…。


ニオイ感知機能低下中

2015年05月13日 21:09

ふと、スキっと鼻が通った瞬間があった。

そういえば私の左鼻はトラブルが多い。

ニオイの感知も鈍い感じ。

これはひょっとして、副鼻腔炎ってやつですか?



子どもの頃から、しょっちゅう鼻血を出すのも、
左鼻が多かった気がしますし、
顔を洗って、青っ鼻が出るのも、決まって左側。

うすうす、長年、左鼻はおかしいと思っていたのですが、
去年、インコに左鼻を噛まれて、膿んだのがキッカケで、
異常を自覚するようになりました。

膿んだ時は、たまたま手元にあったHB-101の原液を
塗ったら、2~3日で治ったので、
その後そのままにしていたのですが、
完治していたわけではなかったようです。

今日、職場で、ふと、鼻が通った瞬間があって、
アレ?こんなに匂いがあったんだ、と気が付いたわけです。
(職場のガラス拭きは、G対策で、今日からハッカ水を使うようにした為)

その後、しばらく経つと、また左鼻がニオイに鈍くなってきました。

これは…。
気付いた以上、すぐになんとかしたい。

副鼻腔炎にお勧めの精油は、
ユーカリ、ラベンダー、ペパーミント、パイン、タイム、ティートリー
だそうです。

職場に置いているのは、
ティートリーと和ハッカ油。
このチョイスで湯気でのマグカップ芳香浴は何だか嫌だなぁ。

そういえば、シアバターで作ったハンドクリームに
今回はラベンダーを入れていたっけ。

という事で、麺棒に、ティートリーの
ドロッパーについているものをかすかに付けて、
シアバタークリームをゴマ粒くらいつけて、塗ってみました。

(ハッカは、というより精油は原液でつけるのは危険です)

30分程で、鼻が通るようになりました。

なるほど、良いかもしれません。

しばらくマグカップ芳香浴をする事にします。
タイム以外なら手元にあるし、色々香りをチョイスするのも楽しそう。
これでよくなったら、ラッキー♪


鼻スッキリ芳香浴

2015年05月14日 16:15

鼻の通りを良くする為、簡易芳香浴をする事に。

間違って飲んではいけないので、使うのは紙コップ。

お湯の前に精油を垂らしたら。

ひょっとして、紙が溶けかかってない?



本来は、お湯に精油を落としてするのですが、
先に精油を紙コップに落としてから、お湯を張りました。

今回使ったのは、ユーカリ・ラディアータと真正ラベンダー。

精油が紙コップのへりに垂れた部分が、
なんとなく透き通っているような。
芳香浴中に気が付いたので、
お湯が染み出てきたら嫌なので、さっさと切り上げました。
プラスチックも溶かしちゃうという精油ですから、
やっぱり扱いは慎重にしなくては。

次に、お湯を張った後に精油を垂らしたら、問題なく使えました。
1滴ミントなりハッカなりを入れた方が、爽やかで良い香り♪



ところで、エアフレッシュナー用スプレーで、
今はまっているブレンドがあります。
部屋に、洗濯物を干した後に使いまくりです。

無水エタノール20mlに、
パインニードル、フランキンセンス、サイプレス、
ジュニパー、シダーウッドを各2滴。
水は30ml。

アルコール濃度が高めなので、人にはかからないようにスプレーします。

上の順番に精油を入れていくと、
しばしばフランキンセンスやサイプレスがうっかり3滴落ちるので、
シダーウッドやジュニパーは1滴になる事が多いです。

ちょっと甘みを感じる樹木の香り。
トップノート控えめの、一呼吸おいてフワっとくる、
あまり主張しすぎない感じが落ち着きます。

(でも、一番好きなのは、インコの匂い…)

ひょっとして良いもの見っけ

2015年05月17日 21:31

鼻の違和感を自覚して以降の日課。

夜、食後の芳香浴。

ふと、ホーリーバジルのクリームを塗ってみた。

これ、すごく良いんじゃない?



去年、チンキを作って以降、
手作りで化粧品の簡単な物を作るようになりました。

クリームは、
シアバターとスイートアーモンドオイルと
精油を使っています。

職場では、今はラベンダー。
家では、いつもホーリーバジル。

お風呂上り、化粧水の後にクリームを薄くつけるのですが、
ふと思い立って、麺棒で鼻にもつけてみました。

一度、職場でラベンダーのクリームをつけたときは
結構ニオイが気になったのですが、
ホーリーバジル、強烈ではないくせに、
何だかジワジワ良いのです。

鼻って、耳や喉とつながってるんだね、と
穏やかに納得させてくれる、というか。

慢性的すぎて、ほとんど自覚すらしていなかった、
鼻から耳、また、喉の違和感が軽減されていく感じ。

さすが神の名の付く植物だわ(和名:神メボウキ)。

ただ、精油は、温めた時の香りが、あまり好きではありません。
凝縮されていて強すぎるのかも。
だから、芳香浴には使いにくいなぁ。

ホワイトリカーでホーリーバジルを漬け込んだチンキは、
化粧水に使えなくて、ほとんどそのまんま残ってるし、
(アルコールが乾燥肌には無理だった)
しばらく飲んで様子を見てみようかな。
飲む時にやんわり香りも吸入できるし。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。