スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激流のように

2014年08月07日 13:10

ある日突然作りたくなるモチーフ。

他の何を作っていても、いてもたってもいられなくなる。

ボビンを入れ替えて、一気に作る。

これは、何かの病気ですか?


ずーっと更新を怠っていますが、
ボチボチ、ちまちま、タティング結っています。

とりあえず、一気に完成させたものは、こちら。
20140730.jpg

「すてきなタティングレース―3ステップでここまでできる」 盛本 知子 (著)より。

突然作りたくなりました。
ダルマレース糸40番で、18×24cmとなりました。

そして、これ。
20140731.jpg
「タティングレースのアクセサリーレシピ」peikko (著)より

レース糸40番で、50cm。
一気に作りました。

さらに、手織りの六角もじりのストールも
怒涛の如く(といっても、ノロい)織り進めていたりして、白花ドイリーは未だに放置中。
…きっと、今さら再開しても、もう結い目が合わないだろうなぁ。



スポンサーサイト

六角もじりのストール

2014年08月08日 20:47

先日、ストールのキットを購入。

似た太さの手持ちの糸で、早速つくる。

糸を絡めて織り、絡めて織り…。

一気に完成、初めての巻物!
完成

「手織りを楽しむまきものデザイン150」 箕輪 直子 (著)より

とりあえず、キットを買ったものの、どうもよく分からず、
後で本を買ったという、なんかもう、どうなん?状態でスタート。

まぁ、本を買って正解だったから、良かったです。

透かし織り「六角もじり」
ソウコウ:50羽を使って変わり通し
糸:Pure Multi:色番4(綿57%レーヨン35%ナイロン8%)を4玉
  (1玉約20g:約56m)
  (手芸屋さんの閉店セールで1玉100円で購入)
サイズ:約15.5×126cm
(20cm幅、150cm長さに織ったのに、水通し後、ものすごく縮んでいてビックリ)

キットを見て、分からなかったのが、経糸の本数。
68本を訂正して61本と書かれていたのですが、
4本ひと組だから、61本じゃ、計算が合わないジャン。

本を購入後、やっぱり68本経糸を張りました。

織りパターンは、慣れたら簡単。
もじり中
ぶっちゃけ、3パターン。

今回はじめて糸ソウコウを作ってみたのですが、
20番レース糸を使った為、糸が太すぎたのか、
激しく織りにくくなり、途中で外しました。

いちいち手で拾っても、全く苦痛はありませんでした。

織り終わって、水通し。
水通し後
一晩干して、乾かします。

出来上がり
朝には、すっかり乾いていました。

着用イメージ
着けたら、こんな感じ?

これは、楽しかったです。
こんなに早く出来るとは思わなかった。
そして、また作りたい…。

今度は、キットに入っていた綿糸を使おうかな。
  

黒の六角もじりストール

2014年08月17日 10:17

六角もじりが面白かったので、再挑戦。

今度は、黒の糸を使用。

雨の休みの日だったので、集中して織る。

1日で完成、メチャ楽しい♪
201408170852.jpg
「手織りを楽しむまきものデザイン150」 箕輪 直子 (著)より

ピエロのビューティーシルクコットン(綿90% 絹10%)2玉
 (1玉約30g 約165m)
50羽ソウコウ使用の変化通し
約17×126cm

20cm幅、150cm長さで織るのですが、
水を通すと縮みますねー。
…いや、実は織り機から外した時点で縮んでいるのかも?

今なら、もじり方にも慣れているので、
特に考えるまでも無く、スイスイ出来ました。

201408170902.jpg
糸が良いのか、柔らかくてしなやかで軽い~♪

ただ、耳がでこぼこ…。
端を揃えるのが、課題です。

さあ、次はいよいよ、キットのスーピマ糸で挑戦してみる?
やっぱり、まだ早い…?←高い糸で、ビビリ中

緑のホーリーバジル

2014年08月24日 21:18

衝動買いをしたホーリーバジルの苗。

3個買ったうち、1個が爆発的成長中。

花も付いていたはずが、どうやら方向転換。

良い感じに、わっさわさ。
ホーリーバジル
(▲届いた直後の苗)

この頃、親指が痛くて、タティングを結う気がしないので、
今日は、他の話題です。

ホーリーバジル(トゥルシー)は、
もう、何が何でも買わねばならぬ、という程、
一切の迷い無く、購入していました^^;

ネットショップで苗を買ったのですが、
ちょっと画像と違う子が来たなぁ…。
学名「Ocimum tenuiflorum」となっていたし、
画像では、花も濃く、茎が紫のタイプだったんだけど。

葉も茎も緑で、葉の裏にも毛が生えています。
花も色が薄いです。

ホーリーバジルは、いくつか種類があるそうですが、
届いた苗は、少なくともクリシュナトゥルシーや、ラクシュミトゥルシーや
オヤトゥルシーではないです。

情報が少なすぎて、よく分からないのですが、
甘い香りだし、ピンクの花だし、
画像で判断すると、これは、カプーア トゥルシー…?

まぁ、元気いっぱいの苗だし、
本当にハッとするほど甘くて爽やかで良い香りだから大歓迎。
たぶん、香りや味は、初心者(?)向けで、私にピッタリ。

苗が届いた時には、すでに花がついていました。
プランターや鉢に移すと、しばらく成長が止まりました。
移動で根が傷ついて、ビックリしたかなー、と心配していると、
鉢に移したホーリーバジルの突然の急成長が始まりました。
もう、わっさー!!という感じです。

ホーリーバジルも、花をつけて終わらせるより、
もっともっと成長する事に方向転換したらしく、
花より葉っぱをどんどんつけてくれています。

20140822084527.jpg
そこで、摘心しながら、増やし中。

プランターに移したホーリーバジル2個は、
ゆっくりと成長しています。
こちらは、花芽も増えています。
花芽を茎ごと長めに切って家に飾っていますが、
良い香りがして、幸せです。

ところが困ったことに、
プランターの1個にバッタがついてしまって、
バッタと格闘する事になっていましました。

庭に植えているアップルセージが、
バッタの被害をまともに受けているので、
どうやらそこから遠征して来たらしい。

庭にはカエルやクモやヤモリはあちこちにいますが、
バッタより小さいので、とても食べてはくれないサイズ。
大きいカマキリ、我が家の庭に是非おいでください。
バッタがいっぱいいますよー。


小さなガーディアン

2014年08月29日 21:33

ホーリーバジルを植えた2個のプランター。

1個はバッタにやられ中。

もう1個は、なぜか、無事。

よく見ると、葉っぱに小さなガーディアン。
201408290908.jpg

小さくてよく分からないけど、
たぶん、ハエトリグモの赤ちゃんです。

プランターを置いた翌日、
葉っぱに飛び糸を見かけたので、
住処に選んでくれたのかも。

プランターは、2つ並べて置いているのですが、
ひとつ(A)は、バッタにやられまくり。
毎日、バッタを取り除いています。
(毎日1匹見つかる)
生で食べると結構苦いのに、よく食べるなぁ。
あとくち、爽やかだからかなぁ。

もうひとつ(B)は、2~3枚、
葉っぱに穴を開けられたものの、
その後、特に大きな被害無し。

小さなクモちゃんが、
Bトゥルシーの陰で小さな羽虫とかを
食べてくれているみたいで、
このクモの狩りを2回目撃しました。

花のつぼみの下にいた時は、
完全に擬態していて、見事でした。

このクモちゃん、
はじめに見た時は、白くて小さかったけど、
少し色づき、成長してきたみたいです。

トゥルシーを守ってくれて、ありがとう♪

ちなみに、ベランダで育てているトゥルシーは、
朝日を存分に浴びるからか、
わっさわさに成長し、昨日、一部収穫しました。
ガパオごはんにしたら、おいしかった~。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。