夏と秋を同時に楽しむ♪

2013年11月02日 21:40

今、備中国分寺で異変が起こっているという。

休みの日の朝、カメラを抱えて早速向かう。

朝露の煌く道を進むと、ついに見つけた。

ヒマワリとコスモスの咲く、国分寺。
DSCF6804.jpg

たいていヒマワリは、8月の終わりには、
刈り取られていたと思うのですが。

日中の汗ばむ陽気に、
耕されて肥料にされたはずだったヒマワリが
目を覚ましたようです。

ヒマワリとコスモスが同時に咲くのは、
4年ぶりとの事なので、
たまにあることなんでしょうか。

ハチも元気にぶんぶん飛んでいました。
DSCF6793.jpg
え?見えない?

ここ、ここ。
ハチ
ホラね?


なんだか不思議な景色でした。
DSCF6810.jpg




スポンサーサイト

スティフィ買えた!!

2013年11月08日 21:09

タティングレースを初めて以来、ずっと欲しかった。

色々なところで紹介されていた、憧れの品。

手芸屋を回っても、ネット通販でも見つからない、幻の品。

ようやく買えたよスティフィのり!
stiffy.jpg

(11月に入るなり、いきなり忙しくなっています。
 気がつけば、もう8日…!)


よく、スティフィのりを使ってモチーフを固めていると
サイトで見かけていたので、ずっと欲しかったのです。

ところが、以前売られていたはずのネットショップでも、
すでにページは削除され、表示されず。

手芸屋さんを見かけると入ってみるなど、
あちこちの手芸屋さんを探し回ったのですが、
どうしても見つからず…。

想像しているのより、よっぽど大きいのか、
それとも、ビックリするくらい小さいのか?
もしや、実はすでに廃盤なのか??

もう、諦めきっていたところ、
「りみぃの手仕事」さんのこの記事で、どうやら、最近買ったらしい情報が。

しかも、販売サイトさんへのリンクまで!

これを逃したら、もう、いつ入手できるか分からない。
という事で、大急ぎで購入しました。

無事、スティフィも届き、早速試します。
初挑戦なので、色々なものを試したい。
初スティフィ体験品は、こちら。
201311040705.jpg
右から、小さいモチーフ(ブレスレット状態)
ケルティックタティング(と呼んでいいのか?重なったモチーフ)
ラメ入りビーズ入り。


スティフィは、
液状になっており、ハケで塗って使うそうです。

ボンド液定番の密閉容器に少々入れてみました。
さらさら、だいぶ薄い液でした。

ボンド液やキーピングに慣れている私には、
「これ、白い水じゃん」レベル。

ハケで、塗り塗り。
乾く前に、ひっくり返して、裏も塗り塗り。

ボンド液やキーピングでこんな事をしたら、
薄いヒラヒラの膜が出来る無謀なやり方ですが、
糸が液をぐいぐい吸い込んでいるので、
特に問題なかったです。

翌朝。

小さいモチーフ。パリっと固まり、完璧。
ラメ入りビーズ入りも、問題なし。
ビーズ表面についた膜(?)は、爪でこすれば、すぐ取れました。

10cmサイズのモチーフは、
やや、弱いかな…?という感じでした。

ただ、レースの素材感や弾力が残っていて、
私としては、良い感じ。

コースターやしおりや、
ブレスレット等には、ピッタリだと思います。

ガッチリとカチコチに固めたい場合は、ボンドで、
それ以外は、ステフィが使いやすくていいなぁ。
何より、ハケでさささっと塗るだけなので、
簡単なのが素晴らしい♪

そして、大きいサイズの物の場合は、
ハケで塗るのが大変なので、薄めたキーピングを使うとしよう。

201311071103.jpg
ブレスレット、徐々に増加中↑
今まで避けてきたスプリットリングの練習に丁度良い~♪




ディアマント

2013年11月18日 21:27

初めて聞いた時、怪獣の名かと思った。

DMCラメ糸、ディアマント。

思い切って購入したが。

勿体無くて、なかなか使えず。
ディアマント
タティングでも使いやすいという、ラメが綺麗なディアマント。
35mで315円。

良く使っているレース糸は、160~200mくらい。
たまに使うカタン糸も、200mで、260円程度。

35メートルって、ほんのちょっとじゃん!!
しかも、315円!?

売り場の前で、しばらく呆然としたものの、
2色のみ、買ってみました。
ドキドキ。

買ってから10日程経過しましたが、
勿体無くて、ただ、眺めるだけの日々。

見ているだけでも綺麗だわー。


久々、太糸

2013年11月20日 21:33

忘年会で、ちょっとした贈り物を用意しようかと思案中。

寒いし、久しぶりに20番の糸を取り出す。

糸継ぎ頻発で、気持ちが萎える。

数だけ作れるか、微妙な状態。
201311200809.jpg
タティングレースの小さなアクセサリー  peikko (著) より
お気に入りのパターン。

同じパターンでも、糸が違うとこんなに印象が違います。

左は、レース糸20番。直径約9.3cm。
右は、カタン糸30番。直径約4.5cm。

10cm程度が、私にとってコースターとして使いやすいサイズです。

色々なパターンを試してみたけど、
これなら、オーバー気味にシャトルに巻けば、
糸継ぎ1回で出来るので、もう、これに決めよう。

太糸の時のみ使用のクロバーシャトル。
カチカチ音がするけど、
時間が無いので、インコの前で結っています。

メモ

2013年11月30日 21:08

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請