省略の鬼

2013年06月01日 21:23

新しいタティング本を買った。

高レベル過ぎて、全く歯が立たない。

コレなら何とか作れるか…?

ほとんど、はしょって、小さく完成。
201306010659.jpg
「タティングレース(CreAtorクリエイター06)」 亥辰舎
から、作品No.57・58の加藤慶子さんの鞄の作品(のごく一部分)です。

お試しで、最小サイズで作って様子をみてみたかったので、
ピコのつなぎ忘れがありますが、そのまま、続行しました。

レース糸40番だと、やや小さめですが、
20番位のレース糸だと、
コースターにちょうど良さそう。


この本は、10人のタティング作家さん達による本なのですが、
ぎっしり、みっちり詰め込んだ、非常に濃い印象です。

ようやく基本の足し算引き算を覚えた子(私)が、
いきなり分数だの小数点だのルートだのを見てしまった印象。
つまり、非常に難解…いや、解読不可能レベル。

でも、リボンを使ったり、
同じモチーフ内で糸の番手が違っていたり、
後からアクリル絵の具で色をつけたり(!)、
「え!?そんな事が出来るんですか!」
という発想豊かな作品達です。
(作れるかどうかは、また別の話で)

もっともっと自分自身が上達していたら、
作品の幅が広がりそうな、そんな印象でした。

という事で、当分は観賞用の本となりそうです。

それでは悔しいので、太糸でコースターでも作ろうか。
もうちょっと繋げて、テーブルマットにしようか。

<追記>
このパターンが掲載されている本の情報を
知りたい方がいるようですので、一応貼っておきます↓
(作品No.57・58、モチーフ繋ぎで飾っている、鞄のデザインです)

「タティングレース」CreAtorクリエイター06 (亥辰舎BOOK)

注意:本の表紙の画像を表示する為、Amazonのアソシエイト(associate)システムを利用しています
 踏みたくない人は、画像の下のタイトルで自分で検索して下さい

スポンサーサイト

毛虫大量発生中

2013年06月09日 11:45

今、あちこちで毛虫が大量発生しているらしい。

今朝、庭のスコップ置き場で大量の小さな毛虫発見!

気がつくと、あちこちに蛾を発見。

恐怖のあまり、庭中、殺虫剤まみれ。




大量発生した毛虫を食べる為、
スズメバチがうろついてくるとかで、
じつは、虫そのものよりも、そっちが危険なんだとか。

(いや、虫も私にとっては激しく危険です)



注意:虫画像あります。
   苦手な人は、つづきは見ないで下さい。



[毛虫大量発生中]の続きを読む

テーブルマット

2013年06月10日 21:58

先日、極小サイズで作ったモチーフ。

9個繋げて、テーブルマットに。

遠くから見ると、チェック模様風(要・寛大な想像力)。

次はもう少し大きく繋いでみたい。
20130610.jpg
「タティングレース(CreAtorクリエイター06)」 亥辰舎から、
加藤慶子さんのモチーフの応用です。

私の都合で、ごく一部、目数を変えています。

サイズは、レース糸40番で、約17×17cm。
大きさの目安として、クロバーシャトルを添えています。

しっかりと繋がっているので、
安定感のある仕上がりになりました。

背景を暗くして遠目で見ると、なんとなーく
チェック模様に見える気がして、可愛いデザインです。

そして、これは…。
むっちゃ、好き


ところで、以前から馬鹿みたいに
作りまくっているモチーフを思い出してみると。

↓これとか、
201305240648.jpg

↓これとか。
3色コースター
どうやら、私、四角いモチーフが好きらしいです。

という事で、このモチーフもこれから
どんどん作る事になるかも…。
作りたいし!

魔法の消臭液

2013年06月14日 21:03

純植物性の消臭液「ニオイノンノ」を買った。

ごみの日で生ごみは出したばかりで、試せず。

1日ストッキングを穿いた足は、鼻まで届かず。

臭いを探して、家中徘徊。
nioinonnno.jpg

暑くなると、臭いが気になるようになるので、
買ってみました。

100倍~250倍に薄めて使うのですが、
とりあえず100倍で使用。

試す所が見当たらず、部屋のエアコンのフィルターや
カーテンにシュッシュしておきました。

エアコンはまだ当分使う予定は無いので、
意味ないかも?


実際に消臭として効果を試すのは、まだ先になりそうです。
早く試したいー。


ツバメの雛

2013年06月16日 21:09

数年前、放棄されたハチの巣跡に、ツバメが下見。

昨年、ツバメが大幅に改築。

卵を暖めていたけれど残念ながら、卵は孵らず。

今年は、ツバメの巣から小さな声が♪
ツバメの巣と雛
   ↑
 網戸越しに撮っているので、ひどい画像ですが。

実は、何年も何年も、ツバメは軒下にへばりついたりして、
様子を見に来ていたのですが、
空っぽとは言え、蜂の巣があるからか、
それとも他の理由があったのか、
なかなか巣を作るところまではいきませんでした。

変化があったのは、去年の春。

気がつくと、蜂の巣を削り落としているツバメ。
蜂の巣の近くに、巣を作り始めていたのです。

右上に見える土のようなのが、
蜂の巣の残骸です。

巣はみるみる完成し、ツバメは交代で
卵を温めていたのですが、
カーテンを開け閉めする度に、
びっくりするのか、飛んでいってしまって、
結局孵化せず、いなくなってしまっていました。

そして、今年。

少々カーテンを開け閉めしようが、
今年のつがいは、どーんと巣を暖め続け、
ついに小さな弱々しい声が聞こえるようになりました。
無事、雛が孵ったようです。

遠目から見ただけですが、今のところ3羽いるみたい。

我が家で生まれた初めてのツバメです。
無事に元気に育って欲しいです。