FC2ブログ

木製ボビン式シャトル

2013年05月18日 21:00

木製のボビン式シャトルを買いました。

家庭用ミシンのボビンが使えるのが嬉しい!

私にとっては高級シャトル。

だけど、やっぱりしちゃう、カスタマイズ。


クロガキシャトル
以前から気になっていた、
大阪の「ガレージの工房」tetugetaさんの
ハンドメイド シャトルです♪

家に沢山あるボビンが使える、
11.5mmのタイプを探していました。

「ガレージの工房」さんのシャトルは
色んな種類の木があるのが、凄い魅力。
その中で見つけたこの木、なんと黒柿なんです~♪

ガレージの工房さんのボビン式シャトルは、
通常ツノもかぎ針もついていません。
注文の時にオプションで付ける事が出来ます。

私の場合は…。
自分でかぎ針をつけちゃいました☆

たまたま家にあった糸を巻いたボビンをセットして、
試し結いをしていたら、とてもじゃないけど
これはさすがに かぎ針がいるぞ、という事で。

tetugetaさんが見たら、
うぁー、折角のシャトルを台無しにしてしまって!
どうせなら、もっと綺麗に…。
というトンデモない状態かも。

でも、自分の道具を自分で使いやすいように
工夫するのって、楽しいんですもの。

トンデモついでに。
使っていると、滑りの良い黒柿シャトルは
勢い余って、手から何度も飛んでいってしまうので。
滑り止め
裏面にネイル用シールを貼りましたとさ。

タティングレースと出会って、ちょうど1年。
気がつけば、シャトルもこれで9つになりました。

クロバーシャトルが6個、
メインで使っているAeroシャトルが2個、
そして、今回の黒柿シャトル。

技術の方は…まだまだ初心者状態。
独学の限界を感じつつ、のんびり楽しく結っています。


新シャトルで初ドイリー

2013年05月22日 21:23

新しいシャトルに慣れよう作戦。

リングのみのドイリーを作ってみた。

厚みのせいか、何度も手から滑っていく。

完成する頃には、シールが増えた。
20130522.jpg
「はじめてのタティングレース」藤重すみ (著) より。

私が勝手に「木漏れ日のドイリー」と呼んでいる
リングだけのドイリーです。
レース糸40番で、直径約17cmになりました。

リングのみで、糸の戻しが無いので、
シャトルに慣れるのにちょうど良さそうで
これを選びました。

長さはクロバーシャトルくらいなのですが、
黒柿シャトルは厚みがあるんです。
何しろ、11.5mmのボビンを入れるので。


このシャトルは、ネジ部分を押すと糸が出てきて、
軽く持っている時はボビンが止まっているので、
使い勝手はとても良いです。

完成の頃には、シャトルの厚みにも
だいぶ慣れてきました。

ところで、私の結い結いスタイルは、
ソファに座って、クッションを机にして
レースを載せているのですが、
リングを締める時にシャトルを置くと、
コロコロコロ…。

しょっちゅう転がっていました(笑)

あと、やっぱり滑り止めが欲しいので、
裏だけではなく、表側ネジの部分の手前側にも
滑り止めにネイル用シールを貼りました。

これで、途中でシャトルが飛んでいくのは
だいぶ防げるようになりました。

これは、Aeroシャトルと比べて
糸が沢山巻けるので、
ビーズを入れたりする時に
重宝しそうです。


染めた糸でクローバーマット・ミニ

2013年05月23日 21:31

先日少量染めたグリーンの糸。

あまりにも少しなので、一体何が出来るだろう。

これなら、と思いついたものは…。

差し色で使う、クローバーマット・ミニサイズ。
201305240648.jpg
毎度おなじみ(?)、Jon Yusoffさんの「Clover Mat」です。

なんだか、こればかり作っているような。
1段ものなので、綺麗なのに、早く作れるんですもの♪

しかも、今まで作ったクローバーマットは、
ミニ3個、9つ繋ぎ1個、全て使っています。
ちょっとした花瓶敷にちょうど良いんです。

ところで…。
グリーンの糸、この程度の使用量じゃ、
ほとんど減りませんでした。

さらに減ったこの糸を、一体何に使おうか。


シャトル比較・再

2013年05月25日 21:46

この度、新しいシャトルを買ったので。

私の持っている3種類のシャトルを並べてみる。

大きさ、厚み、シャトルの特徴。

それぞれ、いいところもあり、使いにくいところも有り。
シャトル3
左から、クロバーシャトル、木製シャトル、Aeroシャトルです。
クロバー以外は、ボビン交換式なので、音は静かです。

長さは、クロバーシャトルと木製シャトルが同じくらい。
Aeroシャトルのボビンに糸を巻く時に固定する部分が大きい程度。
シャトル横
厚みは、クロバーとAeroが同じ位。
11.5mmのボビンをセットできる
ガレージの工房さんの木製シャトルは、
倍くらい厚みがあります。
(その為、滑りやすく結構手が疲れやすい)

糸の巻ける長さは、ちゃんと測っていはいませんが、
クロバーシャトルと木製シャトルは同じ位な感じがします。
Aeroは、意外と巻けません。


クロバーシャトルについて。
●プラス面
・糸の太さを選ばない。

・オーバー気味に糸を巻いても、使える。

・持ちやすく、扱いやすい。

・滑り止めがあり、とても扱いやすい。

・引っかかりにくく、とにかく扱いやすい。

●残念な面
・糸を巻くのが、わりと面倒。

・いちいちカチカチ音がして、インコが怒る。

・最後まで使い切らないと、次の作品が作れない。

・気がつけば、どんどんシャトルが要るようになる。


ボビン式シャトルについて。
●プラス面
・作っている途中でもボビンの交換が出来るのが素晴らしい!
 替えボビンがいくつかあれば、シャトルを沢山持っているのと同じ!

・簡単にくるくるーと巻けるので、糸を巻くのが、苦にならない。

・作業中、音が静かなのが、何といっても助かります。

●残念なところ
・こちら、糸はオーバー気味には巻けません。
 90%位までにしておかないと、チェーンの時に糸を戻したら、
 中心の軸の部分に巻き込んだりして、結構面倒な事に。
 Aeroシャトルなら、簡単に外せるけど。

・また、かぎ針を取り付けた為、
 ある程度、糸の太さを選ぶようになりました。
 太すぎても細すぎても扱いにくいのです。

・うっかりすると、かぎ針が引っ掛かる。


ちなみに、それぞれのシャトルの手直しした所。

◆Aeroシャトル
・とりあえず、デコ。
・かぎ針の付け根の部分を、紙やすりで気持ち鋭角に削りました。
・尻尾の部分を1~2mm削りました。

◆木製シャトル
・かぎ針(8号針)の取り付け。
・滑り止めとして、表と裏にデコ。


とりあえず、今、やはりメインで使っているのは、
Aeroシャトルです。
何といっても糸の交換が簡単なので。

ただ、ある程度糸が要る時やビーズを入れる時などは、
糸継ぎによる糸のロスや手間が嫌なので、
木製シャトルを使うかなー。

実際に結う時に使いやすいのはクロバーシャトルなんだけど、
昨夜久しぶりに使ったら、音を聞くなり
インコが怒ってケンカを始めたし。


要注意!Baidu IME

2013年05月27日 09:57

急にパソコンのネット関係が使えなくなった。

どのブラウザを使っても、ダメ。

原因はどうやら「Baidu IME」。

勝手にインストールされていたので、要注意!



しばらく前から、なんだか、急に顔文字とか、
使った覚えの無い物が候補であがってくると思っていたら、
何かをインストールした時に、
「勝手に」中国の日本語入力システムが
インストールされていたようです。

昨日までは普通に使えていたパソコンですが、
今朝、突然メインブラウザが全く起動出来ません。

サブのブラウザで原因を探そうにも、
文字入力がとんでもない事に。
何とかイライラしつつ入力して検索したら、
なるほどなー、というわけです。

さっそくBaidu IMEを
アンインストールをして再起動したら、
無事どのブラウザも使えるようになりました。

アンインストール時の注意点として、
「学習情報と環境設定を保存」はしないこと

Baidu IMEは、調べてみると
続々、迷惑情報も出てくるので、
被害が出る前に、
早めにアンインストールをお勧めします。