スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボビン式シャトル買った♪

2012年12月18日 21:03

様々な事情により、ボビン式シャトルを購入。

地味な色は承知の上、機能を優先。

とりあえず、する事は。

シャトルのデコ。
2012_1218_141132_514.jpg

色々なブログで見かけて気になっていた、
Aeroシャトルです。
シャトル
ドイツ製らしい。
パッケージに文字が書かれいていますが、
私にとっては、絵と同じ(読めないし、読む気もない)。

ボビン式シャトルは、以前から気になっていたのですが、
普通のシャトルが5個ほどあるし、
まだ、買わなくてもいいか…と思っていました。

でも、そう行っていられない事情ができまして。

シャトルに糸を巻く時の、カチカチをいう音。
あれ、インコ達の怒った時の声に似てまして、
カチカチ音を出すと、たちまちインコズが怒るのです。

シャトルや、レース糸に攻撃を始めるチビ。
遊びの時とは明らかに違う噛み付き方。
このままでは、落ち着いてタティングできない。

そんなわけで、音のしないシャトルを
思い切って購入しました。

カラフルなシャトルもあったのですが、
そちらは、ちょっと音がするみたいです。
Aeroのシャトルが、どうやら静かでよさげ。
ものすごく、地味ですが。

初めは、コテコテにデコったのですが、
試し結いをしてみると、引っかかる、引っかかる。
邪魔な部分をプチプチ外し、
一晩で、上の画像のようになっています。

使い心地は、今のとこ、悪くないです。
長くなった分、
シャトルの動かし方をちょっと変えないと…。

かぎ針がついているのは、助かります!
ただ、根元がちょっと引っかかるので、
紙やすりで、もう少し削ろうかな。

あと、尻尾の部分。
ボビンに糸を巻くときに超便利なのですが、
ここが、頻繁にあたります。
すこーし、削ってみようかな?

ボビン式なので、
違うモチーフを編みたくなった時とか、
簡単に糸を入れ替えられるのが、素晴らしい♪

それに、糸を出す時は、引っ張るだけ。
糸を巻く時、シャトルを動かさなくて、
指でくるくるくるーっと出来るのが、最高!
音もしないし!


追記

その直後、使いにくくてデコ変更。
これで定着▼
2013_0417_065846_117.jpg
スポンサーサイト

Aeroシャトルその2

2012年12月21日 21:58

シャトルにストーンをデコりました。

キラキラ綺麗だけど、引っかかりまくり。

泣く泣くストーンを全部外す。

ワンポイントでおへそ(?)にキラリ。
DSCF5273.jpg

隅っこだけに、ストーンを貼っても、
シャトルは糸をくぐらせたりして滑らすので、
凸凹そのものが問題なんだと思い知りました。

そこで、ストーンを全部外し、
平べったいタイプでささやかにデコ。

これでモチーフを編んでみると、
何度もシャトルを落としてしまうんです。

そういえば、クロバーシャトルには、
真ん中辺りに滑り止めのギザギザがあったような。

Aeroシャトルには、凹みはあるのですが、
それだけでは、ちょっと滑り止めとしては甘いのです。

それならと、初めに使ったキラキラのお花を、
おへそ(?)の部分に固定してみると。
お花の凸凹が丁度いい滑り止めになる!
DSCF5274.jpg
しかも、表面には影響しないので、
糸を滑らせる時に、邪魔になりません。

あちこち削ったり、貼ったり剥がしたりしましたが、
これで、とりあえず、落ち着きそうです。

シャトルの大きさ比較は、こちら。
DSCF5276.jpg
左は、買ったままのAeroシャトル。
中央は、加工したもの。
右は、今までのクロバーシャトルです。

私のした、加工はこちら。

1.とりあえず、デコ。
  凸凹じゃない物推奨。
  滑り止めに、おへその凹みにストーン設置。

2.かぎ針の付け根のあたりをサンドペーパーで削る。
  もっと鋭角にしたかったのですが、
  この程度でも、糸の引っ掛かりはぐっと減りました。

3.お尻をサンドペーパーで削る。
  ほんの数ミリ削るだけで、格段に引っかかりにくくなります。
  あんまり削ると、ボビンに糸を巻く時困るかも…と思い、
  ここまでで保留中。

さて、そろそろ作りかけの小さなドイリーを完成させたいな!

クリスマス イルミネーション

2012年12月24日 06:28

クリスマスとなると。

冬の夜に突如現れる、イルミネーション。

思わず、綺麗な光に見入っていると。

寒い夜でも、暖かく感じる不思議。



水島中央公園のイルミネーションを見に行きました。
とりあえず、目に入るのは、大きなツリーです。
ツリー
木の周りに飾り付けられています。
去年、倉敷で一番背の高いツリーって噂になっていたような。
違っていたら、ごめんなさい。

普段は気づかなかったけど、
ここに、こんなに大きな木が生えていたんですねー!

ちょっと歩くと、青く光る塔のようなものが。
星の塔
街灯に飾られています。
これ、風でゆらゆら揺れて、思わずうっとり。
風のある(寒い)日の方が、より綺麗かも!

圧倒的に人気があるのは、この辺り。
ゆきだるま
トナカイ君は、2頭、首が揺れます。
記念撮影をする人が、ここは多かった!

ゆきだるまとベンチ
ベンチもキラキラです。
座る部分には電飾が無いので、
そっと座れそうですが、座っていはイケナイ雰囲気。
少なくとも、背もたれ厳禁です。

イルミネーションは、25日までだそうです。
気になる方は、是非お早めに…。

おまけ。
ツリーとトナカイ

プチハート

2012年12月27日 21:15

クリスマスが過ぎ、近づいて来る、バレンタイン。

2~3cmの小さなハートモチーフを作らなきゃ。

パターンを書いても、出来上がりはハートと程遠い。

何度か作って、何とか完成。
プチハート

ピコット無しと、ピコット有りの2パターンです。
小さくて、理想的なサイズ。
しかも、簡単♪

これを、暇な時にガンガン作る予定です。

ちなみに、試行錯誤のあと↓
2012_1227_074607_394.jpg

小ドイリー完成

2012年12月31日 09:40

モチーフつなぎを作っていた。

5つ繋いだところで、飽き果てた。

とりあえず「華麗」の小に挑戦。

段で模様が違うので、あっさり完成♪
20121231_0844.jpg

そう!
聖光院 有彩先生の、「タティングレース」
堂々と表紙を飾っている「華麗」の
中央部5段の小ドイリーです。

指定の細い糸は持っていないので、
40番の生成りのレース糸を使用。

中心の四葉(?)が意外と大きくて
ビックリしたものの、そのまま続行。

5段の小ドイリーの段階では、
難しいテクニックは特に無いので、
気がついたら完成していました。

中ドイリーにするには、あと5段必要ですが、
8段目のギザギザの部分が難しそう…。
という事で、先には進まず、
今回は小で終わらせました。

ちなみに、出来上がりサイズは、
直径17cm程度になりました。
同じく有彩先生の、「タティングレース 新しい世界」の
表紙を飾っている、「湖の華(だったっけか?)」と同じくらい。
20121231_0839.jpg
※こちらも、指定の糸は持っていないので使えず、
今回と同じ40番のレース糸を使っています。


さて…。
飽きて途中で保留しているモチーフ繋ぎは、
いつ完成する事やら。
20121231_0850.jpg
いっそ、飛び出しているモチーフを切って、
4つのモチーフ繋ぎとして使っちゃおうか。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。