自然環境

2009年08月01日 13:13

家の片付けも進み、家の中がスッキリしてきました。

溜め込んでいたガラクタを処分するたび、
心も晴れ晴れとしてきます。

何より、収納スペースが回復したのが、嬉しい♪



両親が、私の部屋に泊まりたい、
等と言ってきます。←一番片付いているので
泊まりたきゃ別に良いよ~。
一晩くらいなら譲りましょう。


私好みの環境な私の部屋は、
テレビ無し、コンポ無し。←撤去した
エアコンは主電源を切ってある上、リモコンは仏間に。
涼をとりたいなら、扇風機ランダム(弱風)奨励。
弟の部屋との隙間から、冷風がすきま風の如く味わえます。

夜は月の光を浴びつつ眠り(←豆電球が切れてる)、
朝は日の光を浴びての目覚め(←カーテンは遮光じゃ無い)。
まさに、自然のまま、ありのままの日本の夏を楽しめます。
ご希望の方には、扇子の用意もございます。
窓をあければ、外からは風鈴の音が(聞こえるかも知れない)。

こんな部屋だけど、本当に泊まりたいーーー?

私はどちらでも良いのよ。
和室を借りるし。←和室の方が、夏は涼しい
スポンサーサイト

振り向けば君がいる

2009年08月03日 11:43

朝、外を掃いていました。

最敬礼な状態で隅っこを掃いていたら。
誰かが、ドアに手をかける音がしました。

顔を上げると、キジバトがいました。



ハトとの距離、1メートル程。
普通に、人と応対する距離です。
ドアに乗っているので、目の高さもちょうどそんな感じ。


鳩、私が居るのを知ってて来たでしょ!
だって、上の電線から見下ろしてたじゃん。
私がかがんだ所を見計らって来たでしょう!!


私は、鳩に狙われているのか…!?
ていうか、そもそもハトの狙いは何なのか?

5秒程つづく、ハトとのにらめっこ。

目と目で通じ合う~♪←全然通じ合ってないケド

しばらく、どうしたものかと固まっていたら、
飛び去って行きました。←ハトの方が反応が早い


たまにベランダの物干竿にとまっているハト。
庭に人(私)が居るのに、すぐそばに舞い降りてくるハト。
どうやら、人に対する警戒心はコレッポッチも無さそうです。
野生なのに、それで良いのか!?

うっかり窓を開けっ放しにしていたら、
振り返ったら家の中に居たりして。

チュン田、チュン作

2009年08月04日 15:09

近くに休耕田があります。

色んな種類の草が茂っています。
私から見ると豊かな大地。

スズメの成る草、見~っけ。



同じ草でも、庭の草と元田んぼの草は、
成長の仕方がまるで違うように見えるのは気のせいだろうか。
やたらと、大きく茂っているのです。

日当たりも抜群だし、栄養状態も良いのかも知れませんね。←犬の糞とか

ところで、その荒れ地、
稲でも無いのに、頭の垂れている草が多数あります。
一体何が育ってるんだろう…。

その草、たまに動いています。
何なんだろう?

近づくと、ブワっと一斉に揺れて、正体が分かりました。

雀達がそれぞれの草にとまっていたんですね~。
で、雀の重みで頭が垂れているように見えたと。

私にとっては、草にしか見えないけれど、
雀にとっては貴重な御飯なんですね~。
そういえば、ネコジャラシの実も、鳥は食べるんでしたっけ。

ここは、雀がたわわに実る(元)田んぼ、チュン田。

エコな涼み方

2009年08月05日 13:09

エアコンのフィルターの掃除をしました。

脚立に乗って、背伸びをしました。
すると、体中の血液が炭酸に。

天井辺りは空気が薄いのねえ。



実は、脚立が苦手です。
だって、足場が狭いし、なんだか不安なんですもの。
急に倒れたりしやしないかと。

以前、脚立を信じきって蛍光灯を変えていた時、
ストッパーがかかっていない事がありました。←自分の不注意
無事に取り替えが終わって、脚立をたたもうとした時に
ストッパーが乗っているだけだった事に気が付いたんです。
あの時はヒヤっと、一気に涼しくなったなぁ。

そんなわけで、脚立が苦手。
脚立どころか、足場がシッカリ安定していないと、怖いし、
ちゃんとした階段でも、足下が透けているものは、恐怖です。

そんな恐怖があるからか、脚立のてっぺんに登って
フィルターを外したり付けたりするたびに、
毎回律儀にクラっと立ちくらみ状態になって、
体中がサイダーになっていました。
(シュワーっと血管の中で空気が弾ける感じ)

まあ、気合いを入れれば脚立に登れるし、
何度も適度に涼めたから、良かったのかも~。

学習

2009年08月07日 15:58

昨日、毎月恒例お墓参りに行きました。

行った時にはカラスが大騒ぎ。
でも、帰る時には1羽も側にはおらず。

カラス、学習してるのね!



お彼岸の頃とお盆の頃は、カラスが特に賑やかです。
人を見ると「ご飯来た~♪」
と、はしゃいでいるのかも知れません。

実際、お供えする予定の物を、
供える前にカラスにかっさらわれた、という話も聞きます。

ところで、我が家では、毎月1度お墓参りに行くのですが、
食べ物を持って行く事はありません。
いつも、シキビとキクとお線香だけ。
そんなわけで、はじめは遠巻きに見ているカラス達も、
掃除が終わる頃には
「ちぇー」と見切りをつけているようです。
カラスの姿どころか、鳴き声すらしませんでした。

あぁ、でも今はそんなことより…。

お墓参りの帰り道で、たいてい車酔いしてしまう
この体質、何とかならないかなあ…。
(私の方はなかなか車酔い対処法を学習できず)
ご先祖さま…、お願い…。
何か、車酔いに効果的な方法に気付かせて…!