スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉

2008年10月01日 11:57

宗教。

たいていどの家庭でも、その家の信じている宗教ってありますよね。
日本だと仏教が一般的なようです。
ただ、私は、あまり特定の宗教と縁が無く育ったので、
どうもよく分かりません。

ずーっと昔から伝えられていて、今なお続いている教えですから、
歴史のあるいろんな宗教に興味はあるんですけどね。
関わる機会もそうそう無いですし、私にはサッパリ分かりません。


私は幼児時代は、お寺で遊んでもらっていた記憶があります。
お絵描きをしたり、何かの出し物の練習をしたり。
で、練習した事を、どこかの集会所のような所で
ご年配の方達に見てもらったりした覚えがあります。
お寺のお掃除をして、銀杏を焼いて食べさせてもらったり、
お寺の大きな太鼓の上に乗っかっていたら、怒られたり。
あのお寺で初めて、マウントに入ったリバーサルフィルムを見たんだっけ。

小学時代は、キリスト教の教会に毎週日曜日に通っていたなぁ。
きらびやかな感じは一切なく、質素な雰囲気が好きでした。
賛美歌を歌う時に、オルガンを弾かせてもらったりしたっけ。

でも、どちらも私にとっては
信仰心から通っていた訳ではなく、
皆で集まって遊ぶ場のひとつとして通っていました。


祖父が亡くなった時に、お寺にお世話になったんですが、
何宗とか、私にはサッパリ分かっていませんでした。
ごく最近、日蓮宗だと知りました。

今週、宗派が違うと、お互いに牽制し合っているという事を知ったのですが、
仏教は仏教なのに、元は同じなのに、何でいがみ合うのかなぁ。

釈迦の教えを、弟子達がちょっとずつ違う表現で広めただけなんじゃ…?
翻訳がちょっと違うとか、
表現をそれぞれの土地で分かりやすいように変えてみたとか、
その程度の差なんじゃないかなぁ。


一つの言葉を表現するのに、
言葉を使えば使う程、何故か元から遠く離れてしまう事が起こります。
それぞれの言葉が、全く違う物として独立して突き進んでしまう。
それが、対立を生んでいるように感じます。

となると、色んな言葉を使って理解しようとせずに、
元々の言葉、そのまんまで良いんじゃないかしら?
意味を知る手助けとしての翻訳は要るけれど
意味さえ理解出来たなら、元の言葉に還るのが良いんじゃないかなぁ。


今、我が家にあるお経に
『法音をめぐらすべし』
と書いてあった気がするし、
実は、音こそが重要なんじゃないかなぁ。


音は、波。

発声して喉や耳を通して、また体の細胞を振動させて頭に響く、
その音による振動こそが、大切だったのではないかしら。


迷ったら、元に還れ。
今は元々の言葉に興味津々です。
スポンサーサイト

長足の君

2008年10月02日 12:01

今朝、外を掃いていたら、
相変わらずお腹を空かせたレディ達に囲まれてしまいました。

細い体、黒と白の足や触覚。
ふと、自分の服を見ると、白いポロシャツに黒いパンツ。
あらまぁ。おそろいだったのね~。
ペアルック~♪←いや、ペアじゃないや。レディは沢山…


同じ色の蚊でも、大きさは色々あるんですねぇ。
それとも、種類が違うのでしょうか。
大きさが倍くらい違う蚊にも、懐かれていました。


払ったり叩いたり、踏んだり蹴ったりしながら掃除をしていたんですが、
ふと、肘のあたりに、フワっとレディが着地した気配がしました。
結構大物の様です。

来たな。いざ、勝負!←何をだ

やる気マンマンで肘を見ると…。

!!!!!

…足は、細くて長いんです。
黒かった気がするし。

でも、でも、体の色が…。
黄色と黒のシマシマに見えるっ!!!!!

ていうか、どっから見ても、クモ!!

プギャーーーっ!


どこから舞い降りて来たのか分かりませんが、
クモが苦手の私にとっては、戦慄の走る一瞬です。

クモ相手に、勝負を挑む勇気など、私にはありません。

どうやって振り払ったか、記憶にございません。

毎日家の中でクモの巣を見つけ次第取り払っている、
あの、コグモ達の親だったりしてっ!
(現在我が家でコグモ発育中…毎日どこかに飛び糸が…ひー)

柔軟な君

2008年10月03日 10:06

ピーマンを頂いたので、早速使わせて頂きました。

まず、種を取る為に、
ヘタの際をツメで切り込みを入れていって、
ヘタをつまんで引っ張り出します。
こうすると、ヘタと一緒に中の種もあらかた取れるから、簡単♪

そんなわけで、ポイポイ取っていっていたのですが、
ある時、ちょっと違和感が…。
中身が無くなった筈のピーマンに重量を感じるのです。

あれ?
途中でワタが切れちゃったのかな?

覗いてみて…うはっ!!!


中に、ヤツが!
長くてプックリとした、ヤツが!!


ピーマンとほぼ同じ長さに成長したイモムシ君が
中に潜んでおりました。

え?
そのピーマン?

勿体ないけど、そのままポイしちゃいました。
だって…ピーマンとほぼ同じ大きさですよ?
ヤツのまわりに、大して空間が残っていないんですよ??

どう包丁を入れても、ヤツにあたってしまう。
ピーマンのイモムシ詰め。
イモムシ切断。
想像しただけで、イヤーーーーーっ!!!



そういえば…。

私が小学生の頃。
母が誰からか、ロールキャベツを頂いてきました。
調理済み。
鍋で温めなおしたら、すぐに食べられます。

お皿にドンと載せられたロールキャベツ。
皆、美味しそう~ってワクワク顔。

でも、なんか、見た瞬間から気持ち悪くて、
どうしても食べる気がしなくって…。
皆が『いただきま~す』
て言っている横で、キャベツを開いてみたんです。

すると…。

!!!


そこには、丸々と太ったヤツが、デーンと寝そべっていたのです!
相当大きかったですよ?
加熱されて、プリっとして、ピンと伸びていて…。
一般的なロールキャベツの、あん。
あんが無くて、丸ごとヤツだったんですもの。
まぁ、挽肉だろうがイモムシだろうが、タンパク質には変わりないけど…。

うわー…今思い出してもゾッとする…。

はるか昔の事なのに、今でもあの光景が鮮明に浮かんできます(T.T)
金色のスープに浸された淡いグリーンのキャベツの中心に、
黒々と横たわるプリっとしたヤツの姿が。
あの並んだ小さい足ときたら!!!
ギャーーーーっ!!!


そのままパクって食べなくて良かったぁ。
他の家族は、もちろん私のお皿のヤツを見て、
食欲を無くしました。←当然だ

どうやら、イモムシ入りのロールキャベツは、
1個だけだったみたいなんだけど、
やっぱりさぁ、ダシが出てるでしょうしねぇ。


それ以来、ロールキャベツは苦手です。
もちろん、イモムシも。

こうやって、成長するにつれて、苦手な物が増えていくのね…。

ホーム

2008年10月04日 14:20

昨日、ミクシィにログインしてみて、驚きました。
トップ画面に、なぜか『ホーム』が3つも表示されていました。
e6c051a2.jpg


まず、ホームに帰れと。
とりあえずホームに帰れと。
何をさておき、ホームに帰れと。

…ひょっとしてメッセージを数ヶ月放置していたからでしょうか。
『よそのページを見る前に、とりあえず、自分宛のメッセージを見ようネ』と、
そういう事なんでしょうか…。

メッセージをくれていた人は、すでにミクシィを退会していました☆
(セールス目的のメッセージでした)



さて。
この頃、我が家では、お酢がもの凄い勢いで無くなっていっています。
半月で1本。(米酢900ml)
料理でも使うんですが、たまーに使う程度です。
誰かが夜中にコッソリ飲んでいるのかしら。

本当にもう。
ガブ飲みしてるの、ダーレーーー?


ところで、今、我が家では脱洗剤を目指して、日々奮闘中です。
現在使っている洗剤は、
洗濯用の洗剤(あと一箱と少し)と、塩素系漂白剤(あと1と1/2本)。

はやく酸素系漂白剤に変えたいんですけどね、
既にある物を捨ててしまう訳にもいかず、
酸と反応させないように気を付けながら使っています。

食器洗い用とか、住まいの洗剤は、使っていません。
その代わりに使っているのが、重曹と液体石鹸とクエン酸とお酢。
これ、簡単に綺麗になるし、後が楽だし、とても便利です。

汚れ落としや、研磨剤に重曹を使って、
最後に水で薄めたお酢でリンスするだけ。
お酢は水で3倍くらいに薄めて、エッセンシャルオイルで香りをつけて、
スプレー容器に入れて使っています。
キッチン、バス、トイレ、居間等、家中で使っているので、
だいたい一日50ccのお酢を使い切っています。

ハッ!!

これだ!!

お酢をコッソリ飲んでいたのは、家だったのね。

2008年10月04日 17:47

先日、新米を頂いたので、この頃、それを炊いています。

甘くて、水分たっぷりで、綺麗~!
何より驚いたのは、米粒が全部同じだったこと。

普段は、スーパーで安いお米を買っています。
業者さんを通したお米って、どうしてもブレンドされてしまうそうですね。
色んな農家さんが作ったお米を、
混ぜ合わせてしまう仕組みになっているんだそうです。
だから、お米の大きさとか、色とか、形もバラバラ。
安物を買ってるし。

そういうお米に見慣れていたものだから、
色も形も大きさも揃ったお米、それだけで感動です。
炊きあがりを見ると、つやつやと輝いて見えます。
もちろん味も美味しいので、幸せ~♪



母は、お味噌汁はあまり好みませんが、私は大好き。
で、今日は、以前テレビで見た、
『枝豆だけのお味噌汁』を作ってみました。
とっても美味しいって評判だったんですもの。

記憶をたよりに…。
確か、ダシも塩も入れていない、ただのお湯に枝豆を入れていたっけ。
で、他の食材も調味料も一切入れずに、味噌だけで調味してた筈。


出汁の無いお味噌汁を作るのは、初めて。
軽い不安もありますが、とりあえず、枝豆を放り込みました。

ちょっと、味見をしてみました。

…。
やっぱり、普通のお湯の味がします。

今からでも顆粒の出汁を放り込みたい衝動をおさえつつ、
記憶の通りに味噌を加えます。

味見。

…ん!?

なんか、美味しい。
でも、チョット薄いかな?

さらに味噌を加えます。

!!!

なんでか分からないけど、貝の出汁の味がする!


ダシは、取っていません。
具は、枝豆のみ。
味噌は、普段より多めに入れました。

なぜか、アサリだかシジミだか、貝の風味があるのです。
(テレビではカニと言っていたけれど…聞き間違いかな?)


お昼に父と母に出してみました。

私『この前のテレビの味噌汁なんだけど、どう?』
『先に汁だけ飲むんだって~。汁が無くなったら、豆を食べてね』

母『本当。貝のみそ汁みたい』

意外と美味しいらしく、なかなかの好評です。
二人とも、豆も全部平らげました。

(私は、枝豆は塩ゆでが好きだなぁ…と、思いつつ、)

私『お父さん、美味しかった?』
(評判良かったら、楽だし、ちょくちょく作ったろ~♪と思っていたら)

父『うん。でも、いつもの玉葱の味噌汁の方がイイ』

ガク。

なかなか、楽は出来ないみたいだわー。

でもね、普通の味噌汁だったら、出汁(コンブ、キノコ、カツオ)に
具(玉葱とか、ショウガとか、ワカメとか)が入るから、
どう考えても色んな種類の物を食べられるんですよね。
健康の為にも、ま、いいか。

今日は味噌汁に気を取られていたので、
最高の出汁が出たと、作りながら一人で満足していた高野豆腐の煮物を
うっかり味わうのを忘れていました。
ダシ、ちゃんと染みてたっけ?←それすら覚えていない…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。