FC2ブログ

電気製品の怪

2008年07月12日 22:11

今日は、職場の休憩室のエアコンが壊れました。


冷房の筈なのに、温風の出ているエアコン…。
一度切った後、もう二度と動き出しませんでした。

ここのエアコンは、きっと修理はしてもらえないだろうなぁ。
何しろ、近くの支店では、お客様から苦情(?)が来ているのに
エアコンの修理まで数週間かかったんだから…。

ここに勤めるのは、あと半月。
暑くても、なんとか乗り切ってみせますとも。

それにしても、この職場、蛍光灯も切れてきています。
つい昨日、夕方6:30頃に新品の蛍光灯を入れたところなのに、
今朝、もうチカチカしていました。
そして、そんな蛍光灯が、店内の3分の1位を占めています。
(新品を入れても、点かない。またはすぐ切れてしまう)
元が壊れてしまっているんでしょうか…?


ところで、今日の晩ご飯の一品。
美味しかったので、忘れる前にメモしておこうっと。
(ブログをメモ変わりに使ってみる)

<ナスの即席漬け>
小さめの一口サイズに切ったナスを塩揉みする。
シソの千切り、七味、とろろ昆布を合わせ、ポン酢で味付け。

簡単なのが、何より嬉しい~♪
[電気製品の怪]の続きを読む

時間

2008年07月20日 22:45

ちょっと前、話題になっていましたが、
氷を作る時に、水から作るのと、お湯から作るのとでは、
お湯から作った方が、早く凍るのだそうですね。

急冷するのが、良いのでしょうか。
温度差の反動なんでしょうかね~。

不思議な現象だなぁ~って思いました。
氷が急いで要る時は、その方法で作ってみよ~っと。

で、面白いのは、ここから先。

マイナス5度位で、ゆっくり時間をかけて凍らせた方が、
大きくてなかなかとけない、透明な氷の結晶が出来るんだそうです。


短い時間で出来た結晶は、小さくてすぐにとけるのに対して、
じっくり時間をかけて育てた結晶は、大きくてしっかりしているんですねぇ。

逆も、そうなんですよねぇ。
強火で沸騰させたお湯よりも、じっくり弱火で温めていったほうが
お湯って冷めにくいんですよね~。

なんか、この現象、人にも当てはまるなぁって、思いました。


たとえば、勉強。
一夜漬けで丸暗記したものは、すぐに忘れてしまうけれど、
時間をかけて何度も反復して身につけた物は、
結構いつまでも覚えているんですよね~。

学生時代によく思ったんですが、
歴史って、学校の勉強だと年号の丸暗記じゃないですか。
意味もよく分からないし、ツマンナーイ。
(ごめんなさい…学生時代の私の感想です…)
でも、それぞれの人物の物語として、じっくりと知っていくと、
面白いし、なかなか忘れないものなんですよね~。
学校でも、その時代の物語として教えれば良いのに~。
物語の宝庫なのに、勿体ないなぁ。


仕事でも、同じ事がいえるんですよねぇ。
ある程度の内容の仕事をするには、それなりに時間が必要です。
品質を見て、作り直す事もありますし…。
試行錯誤の時間が、仕事をする人の能力を向上させていく訳ですし、
その経験で、より優れた仕事をこなせるようになるんだと思います。

今は、スピードを求められる時代だから、
じっくり時間をかけて、というのは難しいのかもしれません。

でも、そんなに急いでどうするんでしょう。
急いだ挙げ句、ちゃんと身に付いていなかったり、
モノになっていなかったら、それこそ時間が勿体ないんじゃないかなぁ…。

わたしは、じっくり生きたいな。

掃除

2008年07月22日 22:31

勤務時間中、時間がある時は、掃除をしています。
「そんなに毎日拭いていたら、袋に穴が開いちゃうよ」
なんて言われたりしながら。

私が掃除をすると、商品の傷や手直しが必要な物を次々見つけてしまうので、
難あり商品の山が出来てしまいます。
ひょっとして、結構嫌がれているのかも^^;
(ここで働くのはあと7日だ…構うものか…)


もちろん、朝ひと通り掃除はしているんですけどね。
その時は、ササっと済ませてしまうから…。

じっくりする時の掃除には、ハタキは使いません。
ハタキを使うと、静電気で商品をかえって汚してしまうんです。
乾いた柔らかい布か、固くしぼった雑巾を使います。
一つ一つの商品を、じっくり磨いていくのが好きなんです。

「掃除ばっかりでつまらない」
「掃除は、もう飽きたー」
等と、言う人もいます。

私も、以前は、暇つぶしの掃除は退屈でした。


でも、いつからかなぁ。掃除が楽しく(?)なったのは。

暇つぶしの時は、特に何も思わずに掃除をしていました。
ただ、時間が早く過ぎればいいなぁって思う程度です。
嫌々掃除をしているんですから、時間もなかなか経ちません。
ただの、苦行。


今は、商品を磨きながら、色んな気持ちや祈りを込めています。
この商品を選んで買ってくれる人の幸せを祈ったり、
これをプレゼントされた人が、これに触れたり見る度に、
嬉しい気持ちになったり、元気になってくれたら良いな~って。


すると、それが楽しくなりますし、時間があっという間に経つんですよ。
不思議な事に、商品もピカピカ輝いて見えるようになります。
掃除をしていない所と、掃除をした所は、明るさが違って見えるんです。
ただ単に、表面の汚れがスッキリ取れて、
お店の蛍光灯がハッキリ写っているだけかもしれませんけどね。


心を込めて磨いたら、その商品に愛着もわくので、
買ってくれた人に思わずニコっと笑いかけてしまうオマケ付きです。
たまに、
「うおー。それ買っちゃうのー。私が欲しかったのにぃ」
と、心で泣いている事もありますが。

これが家の掃除でも応用できたらなぁ~。ふぅ。←切実

キュウリのさわやか漬け

2008年07月24日 22:05

毎日暑いです。
溶けないのが、不思議なくらいです…。

そんな夏には、身体を冷やしてくれるという、キュウリの浅漬けでも。

<材料>
キュウリ…3キロ
自然塩…50g
三温糖…150g
練りからし…1/3本

<作り方>
1.キュウリはしましまに皮をむき、3等分にし、さらに縦に4つに切る。
種の部分は面取りする。
2.材料全てを合わせて、冷蔵庫で一晩漬け込む。


これは、キュウリが大量に手に入った時に、作っておくと、便利です。
爽やかで美味しいんですよ~♪

急ぐときは、量を少なくして(キュウリ2~3本くらい)、
ビニール袋でしっかりもみ込むと、1時間くらいでも食べられます。
もちろん、しっかり漬けた方が美味しいですけどね。

食欲が無くなってくる暑い時でも、これならパクパク食べられちゃいます♪

涼を求めて

2008年07月25日 21:53

毎日、ピッカピカのお天気が続いています。
向日葵も、暑さでうなだれています。
外のアスファルトで、ベーコンエッグが出来そうです…。
じゅるる

天然サウナなこの夏に、ちょっと涼しいお話でも。


夏といえば

真っ青な深い空。
夜空に浮かぶ、大きな花火。
そして、おばけちゃん。←またか


今日、閉店後。
一度外に出たのですが、エアコンを切ったかどうか
確認の為に、もう一度店内に戻りました。
確認終了。異常なし!

警備保障を作動させた瞬間。


バタン。


なんか、音がしました。

すぐ近くから。
1メートル先のトイレからです。


お店の裏口の鍵は、いつも閉まっています。
今日は、お客様におトイレを貸していません。
夕方以降、誰もトイレに行っていないのです。


今日、私がお客様とお話をしている間、一度、
誰もいない筈の奥からバタンとドアの閉まる音がしたそうです。
その音は、もう一人いたお客様も聞いていたと…。
(店内でドアがあるのはトイレのみ。でも、他には誰もいないはずなんですけど)


一体、ここに何がいるんでしょうか…。


え?
その後どうしたって?

もちろん、そのまま帰りましたとも。
だって、本当に恐かったんですもの。

もし、もしもですよ?
確認の為にトイレのドアを開けて、何か居たら、無茶苦茶恐いじゃないですか。


もし誰かが潜んでいたとしても、セキュリティは作動しているから、
ちょっとでも動いたら警報が鳴るしぃ。
5~10分で、警備員さんが来てくれるしぃ。

うん。大丈夫。問題ない。…ハズ