ミニ手まり週間

2017年06月12日 22:19

気が付いたら、6月10日を過ぎていた。

しまった、準備、出来ていない。

やむなく、しばらくタティングはお休み。

今週は、ミニ手まり強化(?)週間です。

20170612.jpg
円周:8cm程度
10等分
上下同時かがり


今週末に、イベントがあるのです。
プレゼントを用意するつもりでした。

ギリギリまで、タティングかミニ手まりか悩んでいたので、
準備が出来ていませんでした。
クルーニーリーフに夢中になってたし。
(出来るようになって、嬉しかった♪)

タティングでコースターを作っていたものは、
頂き物のお礼に添えたりや何かで、すでに無くなってしまっているし。
栞は、固めた後、においが飛ぶのに、時間がかかるし。

ステフィーのりは香りは気にならないけど、
パリっと固めたい栞には、少し弱い気がする。
それとも、しばらく漬け込んだら、カッチリ固まるのかな?

ミニ手まりなら、模様によっては、1晩で1個出来るから。
それでも、数が足りないけれど…。

まぁ、もともとサプライズプレゼントだし、
別に無くても、誰も気付かないわけだから、
無くても良いと言えば良いんだけれど。

スポンサーサイト

ミニてまり:キラキラ麻の葉模様

2017年05月31日 19:55

ミニサイズの土台マリ。

うっかり小さくなり過ぎた。

そういう時は、決まってこれ。

細いラメ糸で麻の葉模様。

20170531.jpg
8等分の組合せ
円周 6.2cm~(多分)7.2cm位

色があまりよく分からなくなっていますが、
一番大きい右の毬が、金ラメ糸
次に大きい左の毬が、ピンクのラメ糸、
一番小さい下の毬が、銀ラメ糸です。

円周8cmより小さいミニサイズの麻の葉模様をかがる時は、
いちいち長さを測ったりしないので、ちょっとサイズが曖昧です。

せっかく計測しても、ピンを打った時にズレるのに気付いたので、
いちいち測る手間が無駄かな、と思ったのです。
針を打って、マリをくるくる回して、
それぞれ中心からズレていなか、チェックしています。

麻の葉模様なら、それでも特に問題なく出来上がるので、楽♪

ミニ手まり:バラ

2017年05月26日 22:37

バラをかがりたくなった。

まずは、簡単に星かがり。

次に、みっちりかがっていく。

結局、組合せのバラが、一番好き。

20170525a.jpg
10等分
円周:約8.5cm
かがり糸
 東レ シルック 手縫い糸
 フジックス ファイン 手縫い糸

まずは、一番簡単な、星かがりのバラ。
来月の父の日のイメージで、黄色にしてみました。

簡単なのは良いんだけれど、
作りながら、星にしか見えなくて。
完成してから「これ、何に見える?」と確認したり。

バラに見えると言われたので、まぁ、いいか。


20170526b.jpg
10等分
円周:約8cm
かがり糸
 東レ シルック 手縫い糸
 フジックス ファイン 手縫い糸

これは、みっちり、じっくりかがるバラです。
本来は、赤道付近まで、模様をかがり続けるようですが、
私は、この辺りで止める方が、好き。

でも、一番好きなのは、以前作った
8等分組合せのバラだという事に気付きました。
手間はかかりますが、やっぱり可愛いですものね。
20170526c.jpg
とりあえず、3種類、一緒に。

ミニ手まり:鳴る…けれど

2017年05月23日 22:34

中に鈴を仕込むミニてまり。

前回より、気持ち大きめのピスタチオ。

音は、前回と大して変わらず。

ミニサイズでは、無理らしい。
20170523.jpg

円周:約11.5cm
かがり糸:堅牢染めリリヤン

前回のミニ紫陽花より、気持ち大きいので、
分割時の針が刺さりやすくなりました。
20170523b.jpg

まず、鈴を固定する方法を試してみました。
でも、ピスタチオに入るサイズの極小鈴は、
普通に鳴らしても、音が小さくて。

それなら、前回作った、
鈴本体がピスタチオに当たる音の方が、
しっかり音が聞こえるだけ、マシなのかも。

という事で、大きめのピスタチオの殻に鈴を入れてみました。

音はするよね。
たまに、鈴っぽい音も聞こえるね…という感じです。

でも、これなら、外にもう少し大きい鈴をつけた方が、
音も見た目も、よっぽど可愛いのでは?
という事で、ミニ手まりの鈴仕込は、たぶん今回まで。

ミニてまり:紫陽花 簡易版

2017年05月15日 22:41

前回の紫陽花は気に入ったが、ちょっと大変。

そこで、小さいめサイズで2個の花で作る事に。

中で音が鳴るように鈴を入れたので。

針が刺さらず、分割にえらい苦労した。
20170515a.jpg

円周:約11cm
かがり糸
 東レ シルック 手縫い糸
 フジックス ファイン 手縫い糸

今回の挑戦は、中に鈴を仕込む事でした。
小さめ手まりなので、鈴もミニサイズ。
そのまま入れたら、当然鳴らないので、
ピスタチオの殻の中に閉じ込めてみました。

鳴るのはね、鳴る…というか、音はするのです。
ごく稀に、鈴っぽい音も聞こえるのですが。
でも、これだと、小石を入れても大して変わらないのでは。

もう少し、方法を考えてみよう。
何しろ、鈴を仕込むと分割が大変だったんだから。

分割の為の、針が刺さらない場所があるのです。
深く刺さらず、途中ですぐに抜けてします。

せっかく普段より大きめなのに、今のままでは、
組合せ分割なんてとても出来ない状態で、残念。

さて、模様ですが、裏はピンクにしています。
20170515b.jpg
フレンチノットが、相変わらずお粗末。
これも練習あるのみかな。

帯のところは、つむかがりの練習としてみました。
膨らまないだけ前回よりはマシだけど、
こう、糸が安定しなくて動いてしまうのは、どうにかならないかしら。

音を鳴らしたいので、転がす前提の今回のチビまり。
太い金糸で、上から大胆に千鳥かがりして固定という暴挙。
でも、模様が崩れるよりは、コレの方が、まだ…。

さて、紫陽花の大きさ比較です。
20170515c.jpg