静かな水溜り

2017年07月08日 22:01

昨日、庭の金魚が死んだ。

2007年5月11日に我が家に来た群れの最後の1匹。

頭に出来物が出来ていて、病気持ちっぽかったけれど。

最後まで生き残った、不思議な子。



という事で、今回は、金魚達の回顧録です。


2007年5月11日、金魚を10匹購入して、庭の水溜りにいれました。
庭に蚊が多かったので、ボウフラ対策です。

多分、その年、白点病が発生して、4匹位死んだように思います。
民間療法「赤唐辛子」で、白点病は収束。
その後、毎年、白点病は、「赤唐辛子」でやり過ごしていました。

この群れから生まれ育った稚魚が2匹いたので、生き残っていた子は
その子だったのかもしれませんが、
金魚の見分けがつかないので、誰が誰やら、さっぱり。

ノラ猫に狙われて、何匹か行方不明になったり、
身体に牙の後が付いたまま、庭で死んでいた金魚もいました。

猫に狙われにくくするために、水溜りの半分を
花で覆ったり、蓋で覆ったり、対策しました。

いつだったか、仕事から帰ったら、
水溜りの近くに一番大きい金魚が転がっていた事がありました。
埋めるために、スコップで穴を掘り、
いざ、金魚を運ぼうとすると、何と、エラが動きました。
生きていたのです。

そういえば、水溜りの金魚たちが、あまりにもバシャバシャ騒いでいたので、
仕事から帰って、家に入る前に、すぐに埋める決心をしたのでした。

落ちていた金魚を水溜りに滑り込ませると、
その金魚はするーっと潜っていきました。
他の金魚達も、その金魚を追って、潜っていったので、
不思議に思いながら見ていたのを思い出します。

翌朝、エサをやりに行くと、落ちていた金魚が、
一番にエサを食べに上がってきたので、
安心したのを覚えています。

その後も、1匹減り、また、1匹いなくなり…。

ここ数年は、1匹のみの水溜りになっていました。
頭に水ぶくれみたいな腫れ物があったので、
真っ先に死にそうだ、と思っていた金魚が、
最後まで生き延びていたのです。

その子も、ついに、昨日、庭に転がっていました。
すでに蟻がたかっており、身体も硬直していたので、
諦めて、庭に埋めました。

毎朝、庭に行くと、エサを貰いに寄って来ていた金魚。
いつも、えさを撒く指にくっついて泳いでいたっけ。
いなくなって、寂しいです。
スポンサーサイト

見よう見まね

2016年07月01日 22:12

先日、見せて頂いた毬の模様が素敵だった。

ぐるりとじっくり見させてもらった。

家に帰って、自分なりに再現。

こんな感じだったかな?
160701.jpg


破壊力抜群

2016年03月22日 21:30

3月に入り、左手人差し指の爪を負傷した。

約1週間後、右手親指の腹に血豆が出来た。

2~3日後、その血豆が破れた。

…神様、タティングするなって事ですか?



という事で、タティング出来ない間、
買ったばかりのスマホをいじっています。

スマホを買って、真っ先に思った事。

「こいつら、目への攻撃力が、増している…!」

輝度を10%くらいに落としても、明るい光。
(その後、スマホが周囲の明るさを感知して、
 自動で明るさ調整をする設定になっていた事が判明。
 とっとと解除しました→輝度30%程度で使用)

常に目の奥が痛くて、頭痛もしてきて、
日常生活に支障が出るレベルです。

そして、アンドロイド6ってば、
アプリをSDカードに移せないなんてヒドイ。
SDカードに保存した画像をアプリで加工出来ないなんてムゴイ。

など、使い初めから、色々な衝撃を受けています。

とりあえず、目のダメージが激しい為、
ブルーライトカットガラスを注文してみました。
お願い、早く届いてー!

4年半ぶりの機種変

2016年03月10日 11:10

グダグダだったスマホ。

いつでもどこでも突然電源が落ちるようになった。

必要に駆られて、やむなく機種変。

変わり過ぎていて、使い方が分からない。


前のスマホは、2011年の夏から使っていたので、
ほんっとうに、骨董品です。
同じメーカーなら、使えるだろうと思ったのですが、
丸っきり変わり果てていました。

今まで使っていたアプリも見つからず、
別のアプリじゃ、ニーズとズレていて、
痒いところに手が届かない感じ。

良さげなのは、やたらと権限を要求するし。

なかなか、難しいです。

潤い

2016年01月11日 21:18

今年買った、待望のミニ加湿器。

寝室用の小さな過熱式スチームタイプ。

ついでに湿度計を設置。

常に湿度50%超で、出番無し。



私は、寝室では滅多に暖房機器を使いません。
そもそもエアコンの風が苦手だし、
真っ暗にして寝るので、電気ストーブは、赤い光が邪魔。

これから来るであろう本格的な寒さに備え、
微妙に室温を上げられる、
過熱タイプのスチーム式加湿器を買いました。

一度使ってみて、もくもく出てくる蒸気に感激。

ところで、部屋の湿度はどうなったかな、と、
ここで初めて湿度計を設置しました。

すると常に部屋の湿度が50%を超えている事が判明。
朝は、60%を越えることもザラ。

布団乾燥機を使った後でも、
部屋の湿度は50%を超えていると、湿度計は主張する。

湿度計は、結構個体差があり、
±10%くらいの誤差があるらしいのですが、
低く見ても、40%超。

そういえば、濡れタオル、
一晩では乾燥しきらない事も多かったっけ。
エアコンを使わない私の部屋なら、
今までどおり、濡れタオルで十分では…。

買ったばかりの加湿器は、一晩使った後、
水を抜いて拭き取り、
カラカラに乾燥したまま、次の出番まで待機中。

最後のあがきで、乾湿計でも計ってみるか?
それとも、常に乾燥している職場に寄付するか?