スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インコ:だいぶ元気に

2017年09月02日 22:36

病気でげっそり痩せたインコのチビ。

もりもり食べて、体重はほぼ戻る。

それでも、たまに落し物が水っぽい。

元気に見えても、病み上がり。

20170831a.jpg
チビ、9/2の体重は、44.0g
すでに、ズッシリ感があります。
(体重はもうこのへんで良いから、運動を…)

いつもの元気は戻っているので、放鳥すると
目が合うと、まっしぐらに飛んできます。

でも、休みの日に長時間 放鳥していたら、
落し物が水っぽい事がありますし、
どうやら、目が回っているような様子がみえたので、
まだまだ注意が必要です。

病院からは、50mLに1包入れるタイプの粉薬をいただいていましたが、
水入れを途中から小さい物に変更し、25mLに半包で使っていました。
そのため、まだ、お薬が残っているので、継続しています。

薬水も飲んではいるのですが、
このごろ青菜をかつてない程食べるので、
青菜から水分補給をしているのかもしれません。
もともと青菜大好きな子ですけど。
それとも、産直市で買ってきた青菜が飛び切り美味しいの?
確かに、スーパーのと違って驚くほど美味しいけど。



雛ちゃんは病気持ちの子が多いとの事で、
8月にお迎えしたソラも、病院で診てもらったら、
落し物から細菌が出たので、1週間の投薬治療をしました。

それも終わり、今は病院で勧められたネクトンSを入れているのですが、
水が黄色くなるので、口をつけませんでした。
喉がかわけば飲むだろうと様子をみていたのですが、
ソラってば、菜入れから葉っぱを落として
底に溜まった水を飲む方法を編み出していたのです。

水入れを、透明のタイプから青色の容器に変更する事で、
今は何とかネクトン水を飲むようになっています。

そんなソラの体重は、30.0g
はじめて測定した時から、+1gです。
20170831b.jpg

可愛い顔して、餌入れはひっくり返したし、
以前の小さい容器の時にネクトン水もひっくり返そうとしたし、
チビの傍に行きたくて仕方が無いので、
ケージを開けようとするし、全く油断ができません。
(チビの時は必要なかったロック、多量使用中)

ちいちゃいくせに、意外と知恵が回る、恐ろしい子。


<おまけ>
今回、ちょっと気になった、単位について調べてみました。
「純水が1気圧4℃の条件下では1ml=1cc=1g」

リットルの[l]が数字の[1]と間違えやすいそうで、
世界基準では、エルが今は小文字から大文字に変更になっており、
[L][mL]と書くんだそうです。

医療現場では薬品を測る時、[cc]が使われてたそうですが、
[cc]が[00]と誤認して間違いが多かった為、
今は、mLの使用が勧められているんだそうです。
スポンサーサイト

ソラ

2017年08月05日 22:33

新しいインコをお迎えした。

まだ性別のわからない空色のインコちゃん。

先輩インコに物怖じもせず。

相性は良さそうで、一安心。
2017803.jpg
逆光気味だったからか、画像が粗いです。

奥が、2011年1月にお迎えした、ナミ(通称チビ)。
手前が、今回お迎えした、ソラちゃんです。
ソラちゃんは、5月末の生まれと思われる、との事です。

2年前に同居インコのミルキが虹の橋を渡った後も、
ナミがわりと好き放題な性格な為、
新しい子をお迎えするのを控えていました。

でも、日中、一羽でお留守番させるのも、さすがに可哀想で、
ナミも大人になって、性格も落着いたかな、と思って、
今回お迎えする事にしました。

本当は、全く違う色の子を、と考えていたのですが、
あんまり、おっとりした子だと、負けるかも知れないと思って、
一人遊びをしていた好奇心が旺盛そうな子にしました。

いや、実はギリギリまで他の子を見ていたのですが、
最後の決断のタイミングでこの子が割って入ってきた感じです。
名前も、瞬間的に決まっていました。

(チビ(ナミ)の時は、チビから猛アピールされ、
 他の子はほとんど見ることも無く決まったのでした)

ソラは手乗りではないですが、まだひな雛しさが残る
おチビちゃんなので、手乗りのナミと一緒に遊んでいたら、
きっと人にも慣れるでしょう。

帰りの車の箱の中で、初めこそ動き回っていたものの、
途中で寝始める、その度胸。
チビの時も思ったのですが、
もしかしたら、ソラも大物かもしれません。

この度、ナミの縄張り意識を減らす為に、
大きいケージも新調しました。

結論から言います。

ソラ、ナミに負けていません。

ナミが当たらない位置で威嚇のような嘴攻撃をカスっとすると、
それに3回、カカカっと返す元気の良さ。

でも、ソラはナミを良く見ていて、真似をしたり、ついていったり。
また、ナミも、ソラが困ってると、助けに行ったり、エサをプレゼントしたり。

ケージを2個並べる覚悟はしていたのですが、
どうやら、大きいケージ1個で、2羽で同居できそうで、安心しました。

高知へ駆け足旅行

2017年01月04日 09:22

今年は、お正月休みに高知へ。

日の出と共に、出発。

駆け足であちこち回る。

そして、渋滞前に、駆け足で戻ってきた。


という事で、1月2日の日の出は、
瀬戸大橋から見ました。
20170102.jpg
(数年前、1月1日の始発の特急、南風に乗って
 日の出を見ながら瀬戸大橋を渡ったっけ。)


その足で、冬で入園無料のモネの庭に行きました。
去年は、私の周りでモネの庭の話題が尽きず、
背の高い青い睡蓮の画像にうっとりして、気になっていたのです。

睡蓮はもちろん、めぼしい花は咲いてなかったけど。

20170102-mone-a.jpg
でも、ここに、あちこち睡蓮が咲くんだろうなぁ、と想像しながら歩くのです。
20170102-mone-b.jpg
美しい緑の木々を背景に、きっと睡蓮が咲くのだろうなぁ…と。

20170102-mone-hasi.jpg
橋にからみつく、この藤が、
青々と葉が茂り、美しく花咲くイメージをしつつ。

20170102-mone-miti.jpg
ちょっと素敵な小道があったりして。
きっと、緑の豊かな時期だと、さぞかし美しかろうと。

あぁ、花咲く時期に来たかった…。


という事で、さらに足を伸ばして、そのまま室戸岬へ。
まずは、とりあえず室戸岬灯台。
20170102-murotomisakitoudai.jpg
ピントが合っていませんが。

20170102-murotomisaki.jpg
普段、穏やかな瀬戸内海に見慣れている私には、
強い波が打ちつける雄々しい様子が面白いです。

20170102-murotomisaki-b.jpg
確か、この岩は地層が見えるのだとか説明があった気がします。
たぶん、この画像の右の大きな石がそれだったかと。

この後、高知市へ行き、姉家族と
華珍園別館で非常に美味しい中華料理を頂きました。



日は変わって、
1月3日の日の出は、高知城で見ました。
20170103.jpg

朝日の当たる高知城は、とても綺麗でした。
20170103-b.jpg

朝が早すぎて、お城の中には入れませんでしたが、
霜が朝日に照らされて、キラキラと柔らかく輝いて、綺麗だった事!

その後、桂浜に行きました。
20170103-katurahama.jpg
太平洋!島がひとつも見えません。
はるか彼方まで、海、海、海。
(身長160cmの人で、見えている水平線は約4.5km先とかいう現実的な話は、決して考えないこと)

普段、瀬戸内海を見慣れている私には、
島が見えないのに、驚きます。

さて、今まで何度か桂浜に来た事はありますが、
気になりつつ、一度も行っていなかった、画像右の神社を目指します。

Googleによると、海津見神社龍王宮となっています。

登っていくと、神主さん(?)が祝詞を唱えている真っ最中で、
そのまま、さらに上へ登りました。
20170103-katurahama-d.jpg
ちょっと画像のカットがおかしいのは、左側に人が沢山いたから。

この右側辺りから下を見下ろすと、見える景色がこれ。
20170103-katurahama-b.jpg
鮮やかな青が、綺麗。

さて、逆側から見下ろすと、先程の神社が見えます。
20170103-katurahama-c.jpg
先程の神主さんは、参拝客にお札を配っている様子。
(混雑は徹底して避ける方針の為、近寄れず)

この後、龍馬像を見て、姉の家に寄って、
渋滞が始まる前に、急いで帰りました。

今回は、おかげさまで驚くほどお天気に恵まれて、いい旅でした。


あけましておめでとうございます

2017年01月03日 15:30

2017年、初日の出。
20170101_20170104084500c8f.jpg

今年も良い年になりますように。

お目覚め

2016年04月19日 22:31

ホーリーバジルの種を植えた。

気温も上がり、ついにお目覚め。

三角の双葉が可愛らしい。

すくすく育て、今年のトゥルシー。

20160419.jpg

今年も、ギリギリまで悩んでいました。
緑のカプール トゥルシーの種を蒔くか、
葉の裏紫のラマ トゥルシーにするか。

香りといい、姿といい、好きなのは緑のトゥルシー。
でも、食用にはならない…。

何かと使い勝手が良いのは、ラマ トゥルシー。

考えた末、ラマ トゥルシーを蒔きました。
そして、ついに発芽。
本葉が出てきたら、ポットに移しかえる予定です。

ちなみに、緑のトゥルシーは、
2年前に苗で買ったのですが、1枝、生きているので、
この子も何とか育てたいと思っています。

鉢自体は虫にやられたのですが、
1枝、無事なのを切っておいたのです。
株は全滅しましたが、差し芽状態で1枝生き延びました。

緑のトゥルシー、1枝ながら、
2冬越した、何気にすごい子です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。