【インコ】クラミジア検査 陰性♪

2017年10月23日 22:12

セキセイインコのチビとソラ。

小鳥病院で、クラミジア(オウム病)検査を依頼。

病院から連絡があり、2羽とも陰性。

とりあえずは安心です。


検査に必要なのは、血液と、1週間分の落し物(糞)。
落し物が乾いていては検査が出来ないそうで、
小さな容器を頂いて、冷蔵保存しながら、集めていました。

その、乾いていてはいけない、というのがネックで、
それぞれのインコの落としたてのホヤホヤを拾うのが、
意外と苦労しました。

(乾いてなければ、カゴから拾うのが早くて楽です。
 今回は、私が落としたてを拾いたかっただけです)

落し物を拾う為に、毎日、爪楊枝をチビ用、ソラ用に2本持って待機。
おしりをフルッと膨らませたら、
急いで駆け寄り、採取…しようとする飼い主の気迫に驚き、
逃げていくインコ達。

また、腕や肩に止まっている時に、落とす素振りがあったので、
じーっと見ていると、そのただならぬ視線に驚いて、逃げていくインコ達。

逃げながらとか、逃げた先で落とすので、落ちているソレが、
チビのかソラのか、分からなくなるのです。

だいたい、10~20分に一度はぷりっと落とすはずなのに、
こういう時は、なかなか落としてくれないから不思議。

落し物集めの終わった今は、指や腕や肩に
これでもかと、毎日、落としてくれています。

今まで一度も検査した事がないですし、
網戸越しに紫外線浴もさせているし、
少し気になっていた、2羽のインコのクラミジア。
どちらも、今回の検査で陰性で安心しました。

※鳥クラミジア症は人獣共通感染症で、
 人に移るとオウム病と呼ばれる、との事です
スポンサーサイト

【インコ】フォージング・シェイク 1段攻略

2017年10月22日 22:40

時間をかけて餌を食べてもらう為の、フォージング・シェイク。

10日経っても、チビはなかなか取り出せず。

同じ物を、ソラのカゴにも取り付けてみた。

2日で攻略、ソラ、恐るべし。



カゴが揺れたら餌が落ちてくるのは、チビも理解していました。
だから、部屋の掃除のカゴ移動の時には、
フォージングシェイクの下で待機している、チビ。

たまに、身体が当たって、餌が落ちてくる事もありましたが、
自分で意図して餌を落とすまでには、至っていませんでした。

同じ物を2個、購入していたので、
ソラの暇つぶしの為に、ソラのカゴにも設置していみました。
中身は、シードなので、大好物です。

1日目は、いくらか殻が落ちている物の、
ほぼ、そのままシードが残っていました。

やっぱり、簡単には無理かもねー、と思いながら、
カゴに、またセッティング。
その時にパラパラ落ちてくる、シード。
その様子を凝視する、ソラ。

そして、手を引くと、フォージング・シェイクに突進するソラ。
底の出っ張りをくわえて、軽く揺さぶりました。
パラパラ落ちてくる、シード。
20171022b.jpg
この子、できる…!

仕事から帰ったら、空っぽになっていました。

感心しつつ、チビのかごを見ると、チビも上手に落としていて、空っぽに。
ソラの様子を見て、落とし方が分かったようです。
20171022a.jpg

そうとなれば、フォージング・シェイクに入れる餌の割合を
もっと増やしちゃおう。
2段にするには、まだ早いので、しばらく1段で楽しんでもらいます。

【インコ】食事制限 まさかのミス

2017年10月20日 21:33

食事制限中のセキセイインコのチビ。

何でこんなに体重が減らないの?

ペレットをつついているチビを見て、ふと気付く。

飼い主、まさかの痛恨のミス。


昨日、休みだったので背中で観察していたら、
腹減りアピールをしても、全く無視する飼い主に諦めて、
ペレットををサクサク食べる音が聞こえてきました。

やった、ペレットも自分で食べれるじゃん、と思った瞬間、
そういえば、回収するシードの殻に、
ペレットの粉末がそれほど見当たらない事を思い出しました。

チビ、粉末ペレット、シードと一緒に食べてた…!

状況を説明すると、
チビは、餌のペレット移行をそこまで積極的には目指していないのですが、
栄養面の事もありますし、病気の時の為に、
日常的に、ペレットを食べられるようになっていて欲しいと思っています。

そこでペレットにも馴染んでもらう為、シードに砕いたペレットを振りかけていました。
徐々にシードに振り掛けるペレットの割合を増やしていたんです。
ペレットの中から大好きなシードを探すフォージング効果も兼ねて。

一番簡単なフォージングボールは、シードとペレットが半々位の割合になっていました。
これ、結構、量あります。

そして、振りかけたペレット分は、測定してませんでした。
シードに混ぜた粉末ペレットは、1日分で、およそ0.5g~0.7gかと。
チビは食事制限頑張っているのに、ごめん。

シードがさらに1g減ったし、これからはきっと体重も減るはず。


さて、そんなチビの隣のソラですが。
以前、プラスチックの餌入れを見事にひっくり返されまして、
半月型のミニ餌入れも、場所によってはひっくり返されまして、
陶器のおちょこを置いていたのですが、
昨日、これも落とされ、真っ二つに割られてしまいました。

家にいる時だったので、すぐに撤去できましたが、
ソラ…あなたは小さいし、おちょこは重いのに、どうやって落としたの?
キュルキュル鳴いて、ご機嫌だけど、こんなの割ったら危ないよ。

これは、ひょっとして…。
餌入れを落とす→大きい音がする→飼い主が飛んでくる→楽しい♪
という、飼い主にとって残念な学習をしてしまったのでは。
今のところ、仕事で家にいない時に、落とした事は無いですし。

家にいる時は、もっと見てても良いのかな。
あと、何か他の楽しみを用意しておかないと。
ソラのこの有り余るエネルギーをどう発散してもらおうか。

【インコ】食事制限 苦戦中

2017年10月16日 21:36

チビの餌を毎週、1gずつ減らしていく制限開始。

今は総量8g、腹減りアピールをするチビ。

放鳥中、ソラ(メス)がチビ(オス)に吐き戻して餌を与えているのを目撃。

減らない体重、一筋縄ではいかない、2羽の絆。



メスがオスに餌のプレゼントって、する事もあるもんなんですねぇ…!

日中、人がいない時に、よっぽどチビが飢えたアピールをしているとか?
(本来の足場付きの餌入れに入れているペレットを食べればいいのに)

ソラがチビに餌を与えていた事を言うと、
先生からは、夜の同時放鳥は控えるように、との指示がありました。
ですが、チビだけ出したら、人間から離れず、まるっきり運動にならないし、
ソラだけ出したら、チビの傍から離れないし、もう、何、この絆。

餌が減ってるチビの体重、減るどころか、ちょっと増えたんですけど、何で?
葉っぱをやけ食いして、体重って増えるの?←今週のチビはチンゲン菜ブーム

同時放鳥なら、ソラにつられてチビも飛び回るから、
先生、ごめんなさい。様子を見ながら、同時放鳥します…。
ソラも、いつもチビにあげているわけではないですし。

ソラがちょうどペレットチャレンジ中ですので、
今はソラのシードも制限していっています。
といっても、今現在シードだけで1日4g入れていて、
ペレットのみで1g、プラス、シードにペレットを振りかけている状態です。
さらに、ケージのあちこちに大好物の麦やらオーチャードグラスを隠しています。

数字だけみると、体重30~31gのソラの餌の総量が5g超なんですが、
隠したおやつを入れると、6gどころか7gもあっさり超えている量なんですが、
ソラはとにかく食べこぼしが多いから、餌入れの餌を5g以下に減らす気がしません。
実際に減らしてみたら、たちまち体重が減って30gを切ったので、怖いのです。

(フォージングは本当はチビの為に始めたのですが、チビは無関心、
 準備を凝視するソラが、楽しく探して遊んでいる状態です。
 以前、隣のケージで、フォージングしているソラを見て、
 ようやく折り紙に餌が入っていて、破って食べらる事に気付いたチビ…。
 好奇心旺盛なソラが、チビのフォージングの先生になってくれています。)

とりあえず、チビの体重が減らないので、
夜8時に寝させて、朝7時に起こす
我が家ではこれがギリギリの早寝遅起作戦、発動です。

【インコ】食事制限 フォージングトイ導入

2017年10月09日 22:48

食事制限のはじまったセキセイインコのチビ。

小分けして入れても一気に食べる。

夜まで時間がもたないので、ついに購入。

フォージングトイあれこれ。



病院の指示で、餌の1日量を2~3回に分けて与える事になっています。
仕事がある為、朝に2/3を2個の餌入れに分けて入れ、
仕事から帰ってから、残りの1/3量を追加するようにしていました。

ですが、どうやら、朝の放鳥直後に、
一気に食べているようなのです。

餌の一部を折り紙に包んだりしたのですが、
仕事に行く前に見ると、完全に破り散らかしてたので、
これもあっという間に無くなっている様子。

一応、念のために、ソラにお試しで貰ったペレットの
ラウディブッシュも0.2g入れています。
ですが、チビは直接手からだと食べるのですが、
唯一食べたペレットのラウディブッシュでも、
置いておいたら自分からは食べていません。

それでは、およそ10時間後まで、餌を食べず、
(葉っぱもペレットも入れてるけれど)
空腹なのではないかと思い、
時間をかけて食べられるフォージングトイを購入したのです。
20171009.jpg

餌入れは、足場の無い食べにくい場所へ移動しています。
ついでに、毎回、設置場所を変えるようにしてみました。
フォージングトイはBirds' Grooming Shopオリジナルの
フォージングシェイクとフォージングスピンを
とても食べやすい位置に設置してみました。

1日分の餌を3分割して、1/3は、朝、食べにくい場所に設置。
1/3をさらに3つにわけて、それぞれ、フォージングスピン、
フォージングシェイク、そして、折り紙に分けています。
最後の1/3は、仕事から帰ってからいれます。

仕事から帰って様子をみると、
折り紙に包んだ餌は無事に食べています。
そして、フォージングスピンは、食べられるのですが、
フォージングシェイクは今のところ、まだ難しそうです。

それでもなかなか体重が減らないチビ。
うーん…困ったもんだ。



一方、ペレット挑戦中のソラ。

一番、期待を込めていた、国産のトータルペレットはつつく程度。
(チビは、一粒くわえて、そのまま捨てて、後は全く見ないふり)

換羽期に入ったので、是非とも食べてほしかった、
国産のバイタルペレットは、やっぱり10粒が限界。
(チビは、一粒食べて、もういらないと、飛び去る)

内容がすばらしいハリソンですが、
10粒くらい食べたら、気が散ってどこかへ行ってしまう。
(チビは、何口か食べるけど…遠くを見つめぼんやりする)

ラウディブッシュは、コーン感があるからか、わりと好きらしく、
餌入れに入れて置いておくと、結構食べに行っています。
(チビは、手のひらからなら、食べてくれます)

シードも大きい粒は食べ残す事の多いソラ。
ラウディブッシュの本格導入、検討してみよっか。
毎日のペレット半砕き作業が増えるけど。

チビのシード選別作業より、はるかに簡単。

チビのダイエット用にカナリーシードを抜くついでに、
結構混じっているゴミやしなびた種や小石を取り除く作業に
毎日結構時間がかかっているのです…。
でも、それでなくても減っている餌の重量に
食べられない小石や小枝なんかが含まれてたら可哀想だし。

ん…?
まさか、選別が原因で食べる量があまり減っていなかった、とか?
それで、体重が全く減らないんじゃ?