インコ:だいぶ元気に

2017年09月02日 22:36

病気でげっそり痩せたインコのチビ。

もりもり食べて、体重はほぼ戻る。

それでも、たまに落し物が水っぽい。

元気に見えても、病み上がり。

20170831a.jpg
チビ、9/2の体重は、44.0g
すでに、ズッシリ感があります。
(体重はもうこのへんで良いから、運動を…)

いつもの元気は戻っているので、放鳥すると
目が合うと、まっしぐらに飛んできます。

でも、休みの日に長時間 放鳥していたら、
落し物が水っぽい事がありますし、
どうやら、目が回っているような様子がみえたので、
まだまだ注意が必要です。

病院からは、50mLに1包入れるタイプの粉薬をいただいていましたが、
水入れを途中から小さい物に変更し、25mLに半包で使っていました。
そのため、まだ、お薬が残っているので、継続しています。

薬水も飲んではいるのですが、
このごろ青菜をかつてない程食べるので、
青菜から水分補給をしているのかもしれません。
もともと青菜大好きな子ですけど。
それとも、産直市で買ってきた青菜が飛び切り美味しいの?
確かに、スーパーのと違って驚くほど美味しいけど。



雛ちゃんは病気持ちの子が多いとの事で、
8月にお迎えしたソラも、病院で診てもらったら、
落し物から細菌が出たので、1週間の投薬治療をしました。

それも終わり、今は病院で勧められたネクトンSを入れているのですが、
水が黄色くなるので、口をつけませんでした。
喉がかわけば飲むだろうと様子をみていたのですが、
ソラってば、菜入れから葉っぱを落として
底に溜まった水を飲む方法を編み出していたのです。

水入れを、透明のタイプから青色の容器に変更する事で、
今は何とかネクトン水を飲むようになっています。

そんなソラの体重は、30.0g
はじめて測定した時から、+1gです。
20170831b.jpg

可愛い顔して、餌入れはひっくり返したし、
以前の小さい容器の時にネクトン水もひっくり返そうとしたし、
チビの傍に行きたくて仕方が無いので、
ケージを開けようとするし、全く油断ができません。
(チビの時は必要なかったロック、多量使用中)

ちいちゃいくせに、意外と知恵が回る、恐ろしい子。


<おまけ>
今回、ちょっと気になった、単位について調べてみました。
「純水が1気圧4℃の条件下では1ml=1cc=1g」

リットルの[l]が数字の[1]と間違えやすいそうで、
世界基準では、エルが今は小文字から大文字に変更になっており、
[L][mL]と書くんだそうです。

医療現場では薬品を測る時、[cc]が使われてたそうですが、
[cc]が[00]と誤認して間違いが多かった為、
今は、mLの使用が勧められているんだそうです。
スポンサーサイト

とりあえずチビ復活!

2017年08月26日 22:02

中毒症状で危なかったインコのチビ。

吐くわ、めまいがしているわで、半泣きになりながら様子を見てた。

あるものがきっかけで、食欲が戻る。

とりあえず、一安心。



とりあえずですが、食欲が戻って、もりもり食べるようになりましたし、
落し物も形がまとまるようになりましたので、
次の病院は1ヶ月先になりました。

まだ、ちょっと食べ物が未消化っぽいんですけどね…。
それでも、元気いっぱいな声で鳴くようになりましたし、
飛べるようにもなりました!

体重が46gから、一時33gまで落ち、もうどうしようかと思ったのですが、
今朝の体重は、37g弱で、順調に回復しています。
(後に知ったのですが、小鳥は体重が一気に20%減ったら危険なのだとか)

病院に通って10日程までは、
一日おきの点滴でかろうじて命を繋いでいた状態だったので、
こんなに元気になって、本当に良かった!


今回は、動物病院に行った時に、
すぐに小鳥専門病院を紹介していただけた事で、
ギリギリ間にあい、命が助かったのだと思います。

今年3月に開院したばかりの病院ですが、
岡山県内初の小鳥病院です。

インコにとても優しく接してくれる先生で、
結構ビビリの我が家のインコでも安心してお任せできます。(しかも美人)

ことり情報サイトにも、まだ掲載されていませんので、
鳥飼いさんのために、ご紹介しておきます。

●ほたる小鳥病院→公式サイトは「こちら
 岡山市北区横井上1381
 Tel :086-236-7867
 
 火曜日と、日曜、祝日がお休みです。(お盆も、お休み期間がありました)

 完全予約制です。
 緊急でも、電話で予約してから行きましょう。



追記は、戒めを込めて、経過を書いておきます。
[とりあえずチビ復活!]の続きを読む

しばらくお休みします

2017年08月21日 22:50

現在、インコのチビが闘病中です。

普段は置いていないオリヅルランを口にした事がきっかけで、
今までの長年の不摂生、
新しいインコちゃんお迎えによる
環境の変化もあり、危険な状態になっています。

近くの動物病院にかけこんだら、重症との事で、
今年3月に出来た県内初の鳥専門病院を紹介して頂き、
今は入院→お盆期間退院を経て、安静を保ちつつ通院しています。

異変があった日に、家でお盆の供養があったため、
看てもらえたのが夕方になったのも良くなかったかも知れません。
でも、チビは10日以上頑張って持ちこたえています!

日々体重が減っており、ギリギリまで落ちてきている為、
また入院になる可能性もあります。

という事で、ブログの更新はしばらく出来そうにありません。

ソラ

2017年08月05日 22:33

新しいインコをお迎えした。

まだ性別のわからない空色のインコちゃん。

先輩インコに物怖じもせず。

相性は良さそうで、一安心。
2017803.jpg
逆光気味だったからか、画像が粗いです。

奥が、2011年1月にお迎えした、ナミ(通称チビ)。
手前が、今回お迎えした、ソラちゃんです。
ソラちゃんは、5月末の生まれと思われる、との事です。

2年前に同居インコのミルキが虹の橋を渡った後も、
ナミがわりと好き放題な性格な為、
新しい子をお迎えするのを控えていました。

でも、日中、一羽でお留守番させるのも、さすがに可哀想で、
ナミも大人になって、性格も落着いたかな、と思って、
今回お迎えする事にしました。

本当は、全く違う色の子を、と考えていたのですが、
あんまり、おっとりした子だと、負けるかも知れないと思って、
一人遊びをしていた好奇心が旺盛そうな子にしました。

いや、実はギリギリまで他の子を見ていたのですが、
最後の決断のタイミングでこの子が割って入ってきた感じです。
名前も、瞬間的に決まっていました。

(チビ(ナミ)の時は、チビから猛アピールされ、
 他の子はほとんど見ることも無く決まったのでした)

ソラは手乗りではないですが、まだひな雛しさが残る
おチビちゃんなので、手乗りのナミと一緒に遊んでいたら、
きっと人にも慣れるでしょう。

帰りの車の箱の中で、初めこそ動き回っていたものの、
途中で寝始める、その度胸。
チビの時も思ったのですが、
もしかしたら、ソラも大物かもしれません。

この度、ナミの縄張り意識を減らす為に、
大きいケージも新調しました。

結論から言います。

ソラ、ナミに負けていません。

ナミが当たらない位置で威嚇のような嘴攻撃をカスっとすると、
それに3回、カカカっと返す元気の良さ。

でも、ソラはナミを良く見ていて、真似をしたり、ついていったり。
また、ナミも、ソラが困ってると、助けに行ったり、エサをプレゼントしたり。

ケージを2個並べる覚悟はしていたのですが、
どうやら、大きいケージ1個で、2羽で同居できそうで、安心しました。

手まり:スプレーマム

2017年07月19日 22:31

先日作ってみたミニ手まり。

今度は、少し大きめに。

さらにプレゼント用に、ミニサイズ。

可愛くて、止まらない。
20170719.jpg

大:円周 約20cm
小:円周 約8cm

気に入ったものは、続けて作る癖があるのですが、
スプレー菊っぽいこの模様、止まらなくなりました。

意外と簡単で、可愛くて、楽しい。
もう、最高♪

と言っても、ミニサイズでも、
1個作るのに2~3日(4~5時間)はかかっています。

これ、花びら部分を黄色でかがって、
花の中央部を茶色でぐるっとかがったら、向日葵になりそう。
さすがに中央を6個も延々かがるのは、
考えただけでも面倒なので、する気がしないけど。
きっと可愛いだろうなー。